「弐ノ型 稲魂」は 瞬きの間の一瞬で相手に五連撃を浴びせる技

未分類

「弐ノ型 稲魂」は 瞬きの間の一瞬で相手に五連撃を浴びせる技

「弐ノ型 稲魂」は、瞬きの間の一瞬で相手に五連撃を浴びせる技。鬼となった獪岳が、無限城で対峙した善逸に対して使用しました。
善逸は捌ききることができず、頬に傷を負ってしまいます。その威力は彼が知っている範疇を超えており、獪岳が既に大勢の人間を食べたことを見抜かれました。
獪岳は、雷の呼吸と血鬼術を組み合わせることで威力を上げており、その攻撃を受けると、斬撃が肉体をひび割り続けるという効果付きです。雷のエフェクトも、善逸とは対照的で黒く禍々しい雷となっています。

⚔ 獪岳は壱ノ型だけ使えない 獪岳は雷の呼吸の型を戦いに用いますが、「弐ノ型 稲魂」「参ノ型 聚蚊成雷」「肆ノ型 遠雷」「伍ノ型 熱界雷」「陸ノ型 電轟雷轟」の弐から陸ノ型まで使うことしかできず、 「壱ノ型 霹靂一閃」だけは使えません。しかし、自分より立場や実力が強い人に対しては、下手に出たり、媚びへつらったりするなど、人によっては態度を変えるような節もあります。ここで初めて善逸の技が見れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました