「玖ノ型 煉獄(れんごく)」は 炎の呼吸の奥義

未分類

「玖ノ型 煉獄(れんごく)」は 炎の呼吸の奥義

煉獄とは炎の呼吸の中でも最強の奥義として使用された剣技です。奥義である煉獄は炎を纏いながら相手に超高速で突進する攻撃です。奥義という事も有り、炎の呼吸の剣技の中では最も強い技ですが相手の攻撃射程に入る事になるので危険も伴う奥義でもあります。煉獄は鬼に一瞬で大ダメージを与えることが出来る奥義なので、まともに煉獄を受けてしまえば鬼であったとしても肉体を一瞬で再生するのは難しいです。

「玖ノ型 煉獄(れんごく)」は、炎の呼吸の奥義。炎を纏い、熱線の如く一直線に突進して攻撃します。上段構えで全身を捻って溜めてから繰り出します。杏寿郎が唯一、予備動作をして放った技であり、奥義に相応しい威力を秘めていることが見て取れます。
ダメージを与えても、すぐに再生してしまう猗窩座に対し、杏寿郎が「一瞬で多くの面積をねこそぎえぐり斬る」ために放ちました。猗窩座の頭部、左腕、左胸に大きな損傷を与えますが、杏寿郎もみぞおち付近を腕で貫かれてしまう結果に……。

炎の呼吸は全集中の呼吸の中でも爆発的な攻撃力を持っている流派で、作中では煉獄杏寿郎というキャラクターが使用していました。煉獄杏寿郎は炎柱という最高ランクの剣士で、作中で壱ノ型・弐ノ型・肆の型・伍の型・奥義の5種類の技を披露しています。炎の呼吸はどの技も攻撃力が高いという特徴があり、特に奥義である煉獄という技に関しては、上弦の参というとんでもない強さの鬼に大ダメージを与える程の威力でした。

鬼滅の刃煉獄杏寿郎外伝 後編のネタバレを掲載しています。後編では、杏寿郎と下弦の弐の鬼佩狼との戦いが描かれる。そこで、奥義である玖ノ型 煉獄の秘密が明かされる。鬼滅の刃煉獄杏寿郎外伝 後編の内容を知りたい方はご覧ください。

上弦の鬼というのは、鬼の中でも100年以上死んでおらず数多くの柱を殺してきた最強クラスの強さを持つ鬼です。そんな上弦の鬼の中でも参というのは上から三番目の強さで、煉獄杏寿郎は他の鬼と戦闘後に直ぐアカザと戦うハメになりました。アカザとの戦いでは、何度攻撃してもアカザが回復するので煉獄杏寿郎は奥義で一気に仕留めに掛かります。しかし逆に返り討ちにされてしまい、煉獄杏寿郎は胸を貫かれ死亡しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました