「蟲の呼吸」の技2つ目は 「蝶ノ舞 戯れ」です

未分類

「蟲の呼吸(むしのこきゅう)」とは 鬼殺隊士が用いる呼吸法

「蟲の呼吸・蜂牙の舞い“真靡き”」はまさしくその特徴を体現したような技です。凄まじい速度での突きを撃ち込むという単純な技ですが、その速度たるや、上弦の名を冠するほどの強力な鬼が手で止められず、撃ち込んだ刀が頭部を貫通したほどです。

蟲の呼吸を使う蟲柱・胡蝶しのぶは、身長が151cmと小柄で体重も40kgに満たず、鬼の首を斬る腕力がなかったため、毒を用いて戦う独自の手法を生み出しました。

「花の呼吸(はなのこきゅう)」とは、鬼殺隊士が用いる呼吸法。元花柱・胡蝶カナエ、栗花落カナヲなどが習得しています。炎、風、岩、雷、水の基本の5つの呼吸のなかで、水の呼吸の派生です。また、花の呼吸から、蟲柱・胡蝶しのぶが使う蟲の呼吸が派生しています。

「蟲の呼吸(むしのこきゅう)」とは、鬼殺隊士が用いる呼吸法で、炎、風、岩、雷、水の基本の5つの呼吸のなかで、水の呼吸の派生である花の呼吸からさらに派生したものです。

しかし、しのぶの日輪刀には特別な細工がしてあり、納刀時に毒の配合を変更することができます。この仕掛けのせいで納刀時に特殊な音がする仕様になっているようですね。ただし、致死量という言葉が指し示すように、配合を変えることよりも量が必要な場合もあります。「蟲の呼吸・蛉の舞い“複眼六角”」は、そんな状況に対応するための技だと言えますね。

「蟲の呼吸」の技2つ目は、「蝶ノ舞 戯れ」です。この技は、胡蝶しのぶが那田蜘蛛山編で初登場した時に、下弦の伍の鬼・累の姉役だった鬼へ向かって放った技です。この技は、蝶のように軽やかな動きで近づき、鬼に素早く毒の刀を突き刺す技というです。胡蝶しのぶは、一瞬の速さで姉蜘蛛の背後に周り、4箇所もの傷を与えました。

蟲の呼吸の使い手である胡蝶しのぶは、毒を精製するのが得意です。ここからは、胡蝶しのぶが生成する毒について考察していきます。

「花の呼吸(はなのこきゅう)」とは、鬼殺隊士が用いる呼吸法で、炎、風、岩、雷、水の基本の5つの呼吸のなかで、水の呼吸の派生です。花の呼吸の派生として、蟲の呼吸があります。

「蟲の呼吸・蜈蚣の舞い“百足蛇腹”」は剣技、というよりは歩法の類です。作中では橋を破壊するほどの強烈な踏み込みを見せていました。

蟲の呼吸の使い手は、鬼殺隊の幹部である「蟲柱」の称号を持つ胡蝶しのぶ。いつも笑顔を浮かべているのが特徴で、「人も鬼も仲良くするべき」という、平和主義者のような物言いをする人物です。

【ネタバレ注意】漫画「鬼滅の刃」に登場する、鬼を倒すための組織「鬼殺隊」の隊士達が使う、人体を強化するための特別な呼吸法。それが「全集中の呼吸」と呼ばれるものです。様々な呼吸法が作中で登場していますが、今回はその中でも一風変わった呼吸法である「蟲の呼吸」について詳細を解説します。

「蟲の呼吸(むしのこきゅう)」とは、鬼殺隊士が用いる呼吸法。蟲柱・胡蝶しのぶが会得しています。炎、風、岩、雷、水の基本の5つの呼吸のなかで、水の呼吸の派生である花の呼吸からさらに派生したものです。

胡蝶しのぶが「蟲の呼吸」で出す技は、蝶が出てきて可愛いという感想も見られました。「蝶ノ舞 戯れ」は「鬼滅の刃」ファンからの人気が強いです。

しのぶは、この花の呼吸から更に派生させ、自身の独自の呼吸法へと変化させた「蟲の呼吸」を用いて鬼と戦います。蟲の呼吸は「毒を撃ち込む」という自身の戦闘スタイルに適した技が多く存在しています。

『呼吸法』とは、鬼殺隊の面々が鬼と戦う際に使用する操身術である。鍛え抜かれた肺により、体の細胞の隅々にまで酸素を行き渡らせることで、身体能力を格段に引き上げることができる。これを『全集中の呼吸』と呼ぶ。鬼殺隊士はこの『全集中の呼吸』を応用して、剣技を繰り出す。鬼殺隊士が使う剣技にはいくつかの流派があり、『○○の呼吸』と称される。鬼殺隊最強の剣士である『柱』は、『水柱』『炎柱』のように使用している呼吸によって呼称が変わる。現在、鬼殺隊士たちが主に使用している呼吸が『水の呼吸』『雷の呼吸』『炎の呼吸』『風の呼吸』『岩の呼吸』の5つである。これらの呼吸から『花の呼吸』『霞の呼吸』『蟲の呼吸』など、様々な呼吸が派生している。そしてこれらすべての呼吸の元となっているのが『日の呼吸』である。呼吸は人により向き不向きがあり、すべての呼吸が使えるわけではない。それが呼吸が派生している理由である。それぞれの呼吸の向き・不向きは『色変わりの刀』とも呼ばれる日輪刀の色で大体を把握出来る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました