『音の呼吸』を使う音柱

未分類

使用する『音の呼吸』は 斬撃時に爆薬を使って爆発を引き起こす

鬼滅の刃の音柱 宇髄天元の音の呼吸がどのようなものなのでしょうか?

ここからは音の呼吸の弐ノ型・参ノ型を解説していきます!弐ノ型・参ノ型は作中で使用されなかったため、様々な考察がなされているようです。

例えば、鬼殺隊の中で抜きん出た力を持つ隊の中心・柱のひとりである、時透無一郎の霞の呼吸は、風の呼吸の派生。元柱の宇髄天元の音の呼吸は、雷の呼吸の派生だ。

音の呼吸とは、五大基本流派の一つである雷の呼吸を模倣して天元が独自に確立した、いわば派生形の流派です。斬撃の摩擦で爆発する特殊な火薬玉を用いて、爆撃とともに強力な斬撃をお見舞いするのが大きな特徴なんだそう。

雷の呼吸から派生技を編み出した宇髄天元ですが、日輪刀は「オレンジ」「橙色」をしています。日輪刀は初めて持った瞬間に色が変わるので、その瞬間から音の呼吸の素質を持っていたと言われています。また別の説では、雷の呼吸の適正を現す「黄色い刀」だったけれど、修行の途中で「オレンジ」「橙色」になったという考察もなされています。

宇髄天元(うずい てんげん)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『音の呼吸』を使う音柱。元忍であるが、派手好きで、多くの装飾品を身につけている。クレイジーな発言が多いが、人命を第一とする心優しい性格をしている。炭治郎たちと共に死闘を繰り広げた。

遊郭に先に潜入していた宇髄の妻から連絡が途絶え、宇髄が直々に遊郭へ向かうことになる。そこで、女性の鬼殺隊員が必要となり、『蝶屋敷』の隊員を無理やり連れ出そうとする。そこを炭治郎たちに見つかって大きく顰蹙を買う。炭治郎たちは女の子の代わりに遊郭に行くことを立候補し、宇髄はそれを了承する。遊郭についた宇髄は、炭治郎たちに女装を施し、鬼が潜んでいると思われる店に送り込んだ。遊郭には上弦の陸である堕姫が潜んでいた。堕姫は帯を操る鬼で、宇髄の嫁は堕姫の帯に囚われていた。伊之助が地中深くでその帯と戦っていると、その戦闘音を聞きつけた宇髄は、『音の呼吸』を使って地面を掘り進んで地下へたどり着く。帯は逃げてしまったが、囚われていた人間を救った宇髄、伊之助、善逸は堕姫と先に戦っている炭治郎の元へ急ぐ。宇髄は、伊之助・善逸よりも早く炭治郎の元へたどり着いた。そこでは炭治郎の命の危機に際し、鬼化が進んで自身を律することができなくなった禰豆子がいた。宇髄は、堕姫を無視して炭治郎と話をする。堕姫が口を挟むと、宇髄は「お前上弦の鬼じゃねぇだろ。弱すぎなんだよ。俺が探ってたのはお前じゃない。」と発言する。次の瞬間、堕姫の頸が落ちた。炭治郎が苦戦した堕姫の頸を宇髄はあっけなく斬り落とした。しかし、堕姫の体は崩壊を始めなかった。宇髄が不思議に思っていると、堕姫の体から新たな鬼が登場する。上弦の陸は、新たに現れた鬼・妓夫太郎と堕姫の2体で一つの鬼で、倒すには2体の鬼の頸を落とさなければならなかった。

鬼滅の刃の作中で宇髄天元が戦ったのは妓夫太郎だけで、その時には弐ノ型と参ノ型は使用しませんでした。音の呼吸は宇髄天元が編み出した技なので、弐と参の型も存在しているという考察がなされています。また何かに特化している技の場合は、出す機会がなかったという考察もなされているようです。

使用する呼吸:音の呼吸誕生日:10月31日年齢:23歳身長:198cm体重:95kg出身地:不明趣味:嫁と温泉巡り、秘湯探し好きな物:ふぐ刺し音の呼吸の使い手であり、音柱。左眼の独特な紋様や、輝石がついた額当てが特徴。遊郭へ潜入するために女性の鬼殺隊員を探しており、『蝶屋敷(しのぶが持つ屋敷。隊員の治療施設)』にいる女の子を無理やり連れて行こうとしていた。そこを炭治郎たちに見つかり、罵声を浴びせられる。女性の代わりに炭治郎たちが遊郭に同行することになる。その先で上弦の陸と遭遇し、戦うことになる。忍だったが、今は抜け忍となっている。元忍という経歴を持っているのに、大の派手好き。炭治郎たちには「派手を司る神」「祭りの神」と自称した。その突拍子な発言に、善逸は「アホを司っている」と思っていた。伊之助と同じようなノリを持っているが、伊之助が「俺は山の王だ。よろしくな祭りの神。」と挨拶した時には「何言ってんだお前…気持ち悪いやつだな。」と引いていた。それに対し善逸から「どっこいどっこいだろ!」とつっこまれていた。髪が見えずに判断しづらいが、端正な顔立ちをしており、妻が三人いる。それを知った善逸からは大きく顰蹙を買った。特に妻のことが知れた時の反応は凄まじく「三人!?嫁…さ…三!?テメッ…テメェ!!なんで嫁三人もいんだよざっけんなよ!!」と言われ、鉄拳制裁を下した。妻は全員元くノ一である。妻である「須磨」「まきを」「雛鶴」のことを大切に思っており、任務よりも自身の命を大事にするように命じている。宇髄も「妻」→「他の人間」→「自身の命」の順で優先することを明言している。忍の一族が衰退していくことに焦った父から過酷な訓練を課される。その訓練で9人いた姉弟が7人死亡した。生き残った弟は、部下を駒としか思わず、妻は後継を生むためなら死んでも良いと思っていた。他人の意思を尊重せず、感情がないその様は、父親そっくりだった。宇髄は、父や弟のような人間になりたくないという一心で抜け忍となった。その後、鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に拾われる。産屋敷耀哉は、自身の過去を否定しながら人の命を守る戦いに身を置く宇髄に感謝の言葉を述べた。それは、命をかけて当然、全てのことを出来て当然、矛盾や葛藤を抱える者は弱者、という環境で育った宇髄の心を強く打った。鎖で繋がれた2本の日輪刀を使って戦闘を行う。他に強力な爆薬を使用する。使用する『音の呼吸』は、斬撃時に爆薬を使って爆発を引き起こす。忍であったゆえに毒に耐性を持っている。しかし、毒が効かないわけではなく、毒の回りが遅い、という程度の能力である。『譜面』という独自の先頭計算式を持っている。『譜面』は、敵の攻撃や行動を音に起こす。時間がかかるが、完成すれば敵の行動や隙を先読みすることができる。

音の呼吸の使い手であり、元は忍者でもあった音柱の『宇髄 天元(うずい てんげん)』。炎柱である煉獄杏寿郎が活躍した無限列車編の次の物語、鬼の棲む遊郭編でメインキャラクターとして登場します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました