この型は 「ヒノカミ神楽」を思わせるような型そのものです

未分類

ここではヒノカミ神楽の型や技についてまとめています

ヒノカミ神楽唯一の突き技で、天井裏へ逃げた半天狗をこの技で追い打ちをかけました。

炭治郎が初めて使用したヒノカミ神楽。下弦の伍である累との戦いの中で使用した。上段から渾身の一刀を放ち、両断する。炭治郎は『水の呼吸 拾ノ型 生生流転』を繰り出して累に迫ろうとするが、累は最硬度の糸を出して炭治郎を攻撃する。直感的にその糸を斬れないと察し、死を覚悟した炭治郎は走馬灯を見る。その走馬灯で父親が踊っていたヒノカミ神楽を思い出し、この技を使用した。累が放つ最硬度の糸をこの技で切断した。

上弦の陸である堕姫や、上弦の参である猗窩座に対して使用した。『ヒノカミ神楽』唯一の回避技。高速で行われる捻りと回転による回避。目が良いものほど残像を捉えることになる。猗窩座に使用した時には、回避するだけではなく、顔を斬りつけていた。

・ヒノカミ神楽…「日の呼吸」を後世に伝えるために「神楽」として形を変えたもの。元は「日の呼吸」と同じ。

日の呼吸の派生で、もともとは竈門家に代々伝わるヒノカミ様を祀る「神楽の舞」で、それを炭治郎が「ヒノカミ神楽」として応用し戦いに活用していたということです。

竈門炭十郎(かまど たんじゅうろう)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎とその妹の禰豆子の父親である。
炭治郎曰く「植物のような人」で、非常に穏やかで物静かな人物。竈門家に伝わるヒノカミ神楽を炭治郎以上に極めており、病弱な身ではあったが一晩中神楽を舞い続けたり、巨大な熊を一瞬で仕留めたりと時に超人的な力を発揮した。物語が開始した時点で死亡しており、作中では主に炭治郎の回想の中で登場する。

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。
炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

善逸から教えてもらつた雷の呼吸の応用により、強烈な踏み込みからヒントを得た渾身の 横薙ぎ技です。 上弦の肆・半天狗との戦いで使用しました。*この技はヒノカミ神楽独自の技ではないので、技の中にはカウントしません。

日の呼吸全てが「ヒノカミ神楽」ということになります。

緑壱がなんでヒノカミ神楽(日の呼吸)13の型を伝授しなかったのか。それは恐らく 「リスク」が伴うからではないでしょうか? 煉獄千寿郎の手紙には歴代炎柱と緑壱との会話 が記されています。 そして 炎柱の書を読んだ煉獄・父は日の呼吸に対して激しい劣等感を抱き、書物を破りすててしまいました。それはなぜでしょうか?

竈門家に代々継承されている「ヒノカミ神楽」は、日の呼吸の型です。

ここではヒノカミ神楽の型や技についてまとめています。

竈門家に代々伝わる神事、ヒノカミ神楽。炭治郎は水の呼吸とともにこのヒノカミ神楽(日の呼吸)を使って鬼と戦います。

この型は、「ヒノカミ神楽」を思わせるような型そのものです。

使い手:竈門炭治郎、継国縁壱日輪刀の色:黒『始まりの呼吸』とも呼ばれる。すべての呼吸は『日の呼吸』から派生している。『日の呼吸』は『継国縁壱』という始まりの剣士だけが使えた呼吸だった。縁壱は他の鬼狩りの剣士に『日の呼吸』を教えたが、体得できた者はいなかった。炭治郎の家には『ヒノカミ神楽』という神事の舞として伝わっていた。息を忘れるほどに美しい動きとされる。『日の呼吸』の素質があるものは体に痣があるとされていた。炭治郎も額に痣があるが、これは弟を火鉢から庇ってできた火傷と、鬼と戦った傷が合わさったものであり、後天的なものである。しかし、その後、感情が高ぶった時などに、痣がより濃く、大きくなっている。後に『日の呼吸』の使い手でなくとも痣を発現できる事が明らかとなった。炭治郎は『水の呼吸』と『日の呼吸』の二つを使える。『日の呼吸』の方が圧倒的に強力で速いが、体力の消耗が激しい。使い始めの頃は、『日の呼吸』を連発すると、動けないほどに消耗していた。縁壱は炭治郎の祖先である『炭吉』とその家族を鬼から助けて、竈門家と関わりを持っていた。後に縁壱は炭吉の家を訪ねており、その時に炭吉の妻である『すやこ』に『日の呼吸』が見たいとせがまれて全ての型を見せた。縁壱から「『日の呼吸』の後継がいない」と聞いていた炭吉は、縁壱の動きを目に焼き付け、それを自身の一族に引き継がせる事を約束した。縁壱の洗練された動きは息を忘れるほどの綺麗だった為に『神楽』として竈門家で受け継がれていった。全部で十三の型があるが、炭治郎の家には十二の型しか伝わっていなかった。炭治郎は無惨との戦いで炭吉の記憶を見て、縁壱の『日の呼吸』を目にする。炭治郎は最後の型を知りたがったが、縁壱は炭治郎の家に伝わっていた十二の型のみを見せた。炭治郎は、縁壱が十二個の型しか見せなかった事、『円舞』と『炎舞』の二つの技の音が同じ事、無惨が一撃で倒せない鬼である事、父親が「正しい呼吸ができれば炭治郎もずっと舞える」と言っていた事から、『日の呼吸』は全て繋がっており、十二個全ての型を永遠に繰り出す事が十三個めの型だと理解した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました