その際 なれなれしい態度で他の上弦の鬼に絡みます

未分類

上弦の鬼となった童磨は 鬼への勧誘活動も行います

鳴女とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、半天狗の代わりに上弦の肆となった。
無惨にいつも付き従っている鬼であり、異空間・無限城を操る力を持っている。索敵能力に優れており、鬼殺隊の本部を見つけ出した。

上弦の陸・獪岳とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、妓夫太郎・堕姫に変わって上弦の陸となった。元は鬼殺隊の隊士であり、雷の呼吸の使い手だった。炭治郎の同期である我妻善逸とは同じ師を持つ兄弟弟子の間柄であり、因縁を持っている。

また、他人を嘲笑するような言動が多々見られ、同じ上弦の鬼と対立することもあります。

半天狗とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の肆に位している。
追い詰められれば追い詰められるほどに強くなる鬼であり、複数の鬼を生み出す力を持っている。刀鍛冶の里を強襲して、鬼殺隊の隊士たちを苦しめた。

また「堕姫・妓夫太郎」を勧誘した時、童磨はまだ上弦の陸であったことが瞳に刻まれた文字から判明しています。

上弦の鬼となった童磨は、鬼への勧誘活動も行います。炭治郎たちと激戦を繰り広げた「堕姫・妓夫太郎」も、童磨を通じて鬼になりました。

玉壺とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の伍に位する。
身体から生えている無数の手、複数の口、壺から這い出る軟体など、人間の形から大きく外れた異形の鬼。芸術家を気取り、残虐な行いを躊躇なく行う。

胡蝶カナエ(こちょう カナエ)は『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼殺隊の最高戦力の一人である蟲柱・胡蝶しのぶの姉。すでに故人であり、基本的に回想シーンでのみ登場する。
自身も鬼殺隊に所属し、生前は年若いながら優れた剣士として活躍。現在の妹と同じく柱にまで上り詰めるも、上弦の弐・童磨に敗れて死亡した。享年十七。
非常に優しい人物で、人食いの怪物と成り果てた鬼たちをも救うことを望んでいた。出番は限られているものの、その生き様は妹のしのぶや引き取って育てていた栗花落カナヲに強い影響を与えている。

「鬼滅の刃」作中で、しのぶが殺されてすぐ、継子のカナヲが駆けつけました。童磨との戦いでピンチに陥る中、伊之助が助けにやってきます。2人で童磨に挑む中、上弦の参・猗窩座が炭治郎と義勇に倒されました。死亡しない童磨は外へ加勢に向かうため、結晶ノ御子にカナヲと伊之助の相手をさせて去ろうとします。結晶ノ御子に苦戦する伊之助に、カナヲはもう少しの辛抱だと声をかけます。

童磨とは、鬼の中の精鋭である十二鬼月の「上弦の弐」です。鬼舞辻の部下の中では、黒死牟に次いで2番目の実力者になります。対の扇を武器として使用します。

上弦の陸が倒された際、鬼舞辻無惨によって全ての上弦の鬼が集められました。その際、なれなれしい態度で他の上弦の鬼に絡みます。上弦の参・猗窩座(あかざ)には、肩を組んで話しかけたことで怒りを買い、顔半分が砕けるほどの攻撃をされますが、「うーん、いい拳だ!」と返し、気にする素振りを見せません。一見すると、誰に対しても気さくで社交的な性格。しかし、本当の彼は何の感情も持たず、自己中心的で他人に共感することがない「サイコパス」といわれる性格です。

童磨とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、No.2である上弦の弐に位している。笑顔が絶えず、気さくに接するが、その本性は残忍で非道。蟲柱である胡蝶しのぶの姉を殺害した張本人である。異空間・無限城で鬼殺隊の隊士たちと対峙し、苦しめる。

ちなみに、元上弦の陸である堕姫は自分の分身となる帯(おび)に人間をとり込んでいましたよね。

具体的には、「堕姫・妓夫太郎」が倒され上弦の鬼が無限城に集うシーンなど。鬼舞辻から刀鍛冶襲撃の命令を受けたのは半天狗と玉壺でしたが、童磨は命令されてもいないのに自身も刀鍛冶の里に向かおうとします。

また、童磨は人間のふりをして、「万世極楽教(ばんせいごくらくきょう)」の教祖をしています。悩みを聞いて信頼を得て信者を集め、その裏では人を喰っています。上弦の陸・堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)を鬼にしたのは、当時、上弦の陸であった童磨でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました