ではなぜ 縁壱は鬼殺隊ではなく炭吉に日の呼吸を継承させたのか

未分類

きめつのの刃で何故「日の呼吸」が最強なのでしょうか?

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。
炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

以上、日の呼吸についてまとめてみました。日の呼吸は鬼滅の刃の重要な伏線として描かれていましたが、真相は炭治郎が使っていたヒノカミ神楽が日の呼吸という結果でしたね。縁壱も倒せなかった無惨を、炭治郎は倒すことができるのでしょうか??これからも日の呼吸を使う炭治郎の活躍を楽しみにしたいところです。

使い手:竈門炭治郎、継国縁壱日輪刀の色:黒『始まりの呼吸』とも呼ばれる。すべての呼吸は『日の呼吸』から派生している。『日の呼吸』は『継国縁壱』という始まりの剣士だけが使えた呼吸だった。縁壱は他の鬼狩りの剣士に『日の呼吸』を教えたが、体得できた者はいなかった。炭治郎の家には『ヒノカミ神楽』という神事の舞として伝わっていた。息を忘れるほどに美しい動きとされる。『日の呼吸』の素質があるものは体に痣があるとされていた。炭治郎も額に痣があるが、これは弟を火鉢から庇ってできた火傷と、鬼と戦った傷が合わさったものであり、後天的なものである。しかし、その後、感情が高ぶった時などに、痣がより濃く、大きくなっている。後に『日の呼吸』の使い手でなくとも痣を発現できる事が明らかとなった。炭治郎は『水の呼吸』と『日の呼吸』の二つを使える。『日の呼吸』の方が圧倒的に強力で速いが、体力の消耗が激しい。使い始めの頃は、『日の呼吸』を連発すると、動けないほどに消耗していた。縁壱は炭治郎の祖先である『炭吉』とその家族を鬼から助けて、竈門家と関わりを持っていた。後に縁壱は炭吉の家を訪ねており、その時に炭吉の妻である『すやこ』に『日の呼吸』が見たいとせがまれて全ての型を見せた。縁壱から「『日の呼吸』の後継がいない」と聞いていた炭吉は、縁壱の動きを目に焼き付け、それを自身の一族に引き継がせる事を約束した。縁壱の洗練された動きは息を忘れるほどの綺麗だった為に『神楽』として竈門家で受け継がれていった。全部で十三の型があるが、炭治郎の家には十二の型しか伝わっていなかった。炭治郎は無惨との戦いで炭吉の記憶を見て、縁壱の『日の呼吸』を目にする。炭治郎は最後の型を知りたがったが、縁壱は炭治郎の家に伝わっていた十二の型のみを見せた。炭治郎は、縁壱が十二個の型しか見せなかった事、『円舞』と『炎舞』の二つの技の音が同じ事、無惨が一撃で倒せない鬼である事、父親が「正しい呼吸ができれば炭治郎もずっと舞える」と言っていた事から、『日の呼吸』は全て繋がっており、十二個全ての型を永遠に繰り出す事が十三個めの型だと理解した。

また、槇寿郎が杏寿郎に対して「どうせ大したものになれないんだ・・・お前も俺も」と言い放つセリフがあることからも、煉獄家として炎柱になったところで日の呼吸には届かないという絶望も感じれます。

186話のエピソードを見て、縁壱と炭吉にはかなり深い関係があるとわかりました。想像ですが、縁壱は炭吉が暮らしているような穏やかな家庭を求めていて、ついつい足を運んでしまう場所だったのかもしれません。
今回の考察では、ヒノカミ神楽は日の呼吸なのか?について考えていきます。
物語を読んでいれば、ヒノカミ神楽から日の呼吸を身につけたのだから同一の物であると考えるのが自然です。
きちんと根拠もあります。178話で、黒死牟が
「日の呼吸の剣士の型を知る剣士も お前の死後 あの方と私で徹底して殺しつくした」
「それなのになぜお前の呼吸は残っている」
と、言っているのです。
つまり、日の呼吸を誰よりも極めたかった黒死牟から見ても「炭治郎の使っている呼吸は日の呼吸だ」とお墨付きをもらったようなもの。炭治郎が使っているのは紛れもなく始まりの呼吸である日の呼吸なのでしょう。

『呼吸法』とは、鬼殺隊の面々が鬼と戦う際に使用する操身術である。鍛え抜かれた肺により、体の細胞の隅々にまで酸素を行き渡らせることで、身体能力を格段に引き上げることができる。これを『全集中の呼吸』と呼ぶ。鬼殺隊士はこの『全集中の呼吸』を応用して、剣技を繰り出す。鬼殺隊士が使う剣技にはいくつかの流派があり、『○○の呼吸』と称される。鬼殺隊最強の剣士である『柱』は、『水柱』『炎柱』のように使用している呼吸によって呼称が変わる。現在、鬼殺隊士たちが主に使用している呼吸が『水の呼吸』『雷の呼吸』『炎の呼吸』『風の呼吸』『岩の呼吸』の5つである。これらの呼吸から『花の呼吸』『霞の呼吸』『蟲の呼吸』など、様々な呼吸が派生している。そしてこれらすべての呼吸の元となっているのが『日の呼吸』である。呼吸は人により向き不向きがあり、すべての呼吸が使えるわけではない。それが呼吸が派生している理由である。それぞれの呼吸の向き・不向きは『色変わりの刀』とも呼ばれる日輪刀の色で大体を把握出来る。

炭治郎の耳飾りを見るや否や「俺たちのことを馬鹿にしているのか」と殴りかかってきたり、日の呼吸に関する事が載っているを手記をボロボロに破ってしまう等、随所に槇寿郎の負の一面が見て取れます。

竈門炭吉(かまど すみよし)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎の先祖。
戦国時代の人物で、炭焼きを生業としている。山中にあった空き家に妻のすやこと住み着き、ある時人食いの怪物・鬼に襲われるも、その場に駆けつけた剣士・継国縁壱によって救われる。これをきっかけに縁壱と交流するようになり、彼が編み出した身体強化術“日の呼吸”を神楽の形で受け継ぐ。同時に縁壱の不遇な人生を知り、「せめて彼が作り出したものを遺そう」と子々孫々にそれを伝えていった。

きめつのの刃で何故「日の呼吸」が最強なのでしょうか?

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。
炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

鬼滅の刃の主人公。水の呼吸を習ったが、父親が舞っていたヒノカミ神楽を思い出し、日の呼吸を扱えるようになった。

全集中の呼吸を編み出した最強の剣士。日の呼吸の使い手で、竈門家にヒノカミ神楽という形で日の呼吸の型を伝承していた。

ではなぜ、縁壱は鬼殺隊ではなく炭吉に日の呼吸を継承させたのか。
簡単に言えば「殺されないため」だと思います。
日の呼吸を使っているものだけでなく、情報を持っているだけでも無惨に殺されていたようですから、現在の鬼殺隊に日の呼吸を伝授してしまっては悲劇の繰り返しになってしまいます。縁壱は殺された剣士をたくさん見てきたでしょうから、炭治郎の祖先である炭吉にヒノカミ神楽という名前で呼吸法と耳飾りを伝承させた。
というのが基本的な流れだと考えています。縁壱に勝てないから、周りの日の呼吸の使い手から殺すところは卑怯ですし、なんだかんだ煉獄家が日の呼吸に関する記載を持っているという爪の甘さも気になります(笑)
ちなみに、53話で胡蝶しのぶが「炎の呼吸を火の呼吸と呼んではならない」「この辺りの呼び方については厳しいのですよ」と発言しています。この発言からも、日の呼吸自体が禁句になっていた可能性もあります。例えば、炎の呼吸を火の呼吸と呼んでしまったら、日の呼吸と勘違いした無惨に殺されてしまう可能性が高まります。厳しく炎の呼吸と呼ばせることで、煉獄家は殺されずに済み、鬼殺隊の一家として生き続けることが出来たのです。
この辺りが、ヒノカミ神楽伝承の秘密でしょう。
無惨が躍起になって殺そうとするくらい、縁壱は強かったんでしょうね。その辺りが187話で明かされるのでしょうか。楽しみです。

刀を右手で握り、その柄尻を左の掌(たなごころ)で押し込むようにして敵を刺し貫く日の呼吸唯一の刺突技。刀を突き上げると、陽炎を纏った鋭い対空迎撃となる。『水の呼吸』の“雫波紋突き”に近似するが、こちらは両手で突く。

ベストアンサー:日の呼吸→全呼吸中最強 それ以外 ↓ ○の呼吸、○の呼吸などの違いは○○特化…なのかな? …と解釈してます。 雷→移動速度特化 水→柔軟さ特化 みたいな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました