ヒノカミ神楽の呼吸 剣術

未分類

ヒノカミ神楽の呼吸 剣術

ヒノカミ神楽は連続して出すことによって技を出すときに使用するエネルギーを最小限に抑えてくれることに気付きます。

ヒノカミ神楽では、「炎舞(えんぶ)」という炎のオーラを纏った日輪刀での技を確認することができます。2連続攻撃をすることができる炎舞は、はじめに上下に円を描くように斬撃していきました。それに引き続き、今度は左右に円を描いて斬撃することで、上下と左右の連続の攻撃を可能としたのです。炎に包まれている日輪刀には、斬り口に炎を出すことができるため、相手を炎で包んで殺すこともできました。

過酷な鬼との戦いを重ねるたびに強くなっていく炭治郎。その伸びしろはまだまだ天井知らずです。新しい技を会得するたびに思い起こされる家族との記憶、そして竈門家の遺伝子に刻まれている記憶には、ヒノカミ神楽にまつわるエピソードが散りばめられています。

ヒノカミ神楽「日暈の龍 頭舞い」は素早く広範囲に斬撃を放つことで、炎をまとった龍が踊るように見える攻撃です。

奥義の名前をとって『ヒノカミ神楽』にしたのではないかという説です。

使い手:竈門炭治郎、継国縁壱日輪刀の色:黒『始まりの呼吸』とも呼ばれる。すべての呼吸は『日の呼吸』から派生している。『日の呼吸』は『継国縁壱』という始まりの剣士だけが使えた呼吸だった。縁壱は他の鬼狩りの剣士に『日の呼吸』を教えたが、体得できた者はいなかった。炭治郎の家には『ヒノカミ神楽』という神事の舞として伝わっていた。息を忘れるほどに美しい動きとされる。『日の呼吸』の素質があるものは体に痣があるとされていた。炭治郎も額に痣があるが、これは弟を火鉢から庇ってできた火傷と、鬼と戦った傷が合わさったものであり、後天的なものである。しかし、その後、感情が高ぶった時などに、痣がより濃く、大きくなっている。後に『日の呼吸』の使い手でなくとも痣を発現できる事が明らかとなった。炭治郎は『水の呼吸』と『日の呼吸』の二つを使える。『日の呼吸』の方が圧倒的に強力で速いが、体力の消耗が激しい。使い始めの頃は、『日の呼吸』を連発すると、動けないほどに消耗していた。縁壱は炭治郎の祖先である『炭吉』とその家族を鬼から助けて、竈門家と関わりを持っていた。後に縁壱は炭吉の家を訪ねており、その時に炭吉の妻である『すやこ』に『日の呼吸』が見たいとせがまれて全ての型を見せた。縁壱から「『日の呼吸』の後継がいない」と聞いていた炭吉は、縁壱の動きを目に焼き付け、それを自身の一族に引き継がせる事を約束した。縁壱の洗練された動きは息を忘れるほどの綺麗だった為に『神楽』として竈門家で受け継がれていった。全部で十三の型があるが、炭治郎の家には十二の型しか伝わっていなかった。炭治郎は無惨との戦いで炭吉の記憶を見て、縁壱の『日の呼吸』を目にする。炭治郎は最後の型を知りたがったが、縁壱は炭治郎の家に伝わっていた十二の型のみを見せた。炭治郎は、縁壱が十二個の型しか見せなかった事、『円舞』と『炎舞』の二つの技の音が同じ事、無惨が一撃で倒せない鬼である事、父親が「正しい呼吸ができれば炭治郎もずっと舞える」と言っていた事から、『日の呼吸』は全て繋がっており、十二個全ての型を永遠に繰り出す事が十三個めの型だと理解した。

調べてみたところ、モデルとなる元ネタは明らかにはなっていません。しかし、名前からさまざまな推測をすることはできます。舞に関する名前由来の物としては、日の神(太陽神)や、火の神(火神)を考えることができるでしょう。そこで、日の神(太陽神)や、火の神(火神)についてそれぞれ考察していきます。日の呼吸とも呼ばれているヒノカミ神楽は、日の神(太陽神)がモデルとなっていると考えることができるでしょう。

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。
炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。
炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

厄払いの舞としてのヒノカミ神楽(日の呼吸)と共に耳飾りも受け継がれていますが、これは日の呼吸の継承者であることを意味していました。鬼の再生をかなり遅らせることができるこれらの技は、鬼と戦うためには、かなり重要な役割を担っていたのです。

今週もジャンプ熱かった。鬼滅とワンピ。てかいつからヒノカミ神楽じゃなく日の呼吸って表現になったんだ?

厄払いの舞として新年の初日に一晩に渡って披露されるヒノカミ神楽には、円舞、炎舞、碧羅の天、幻日虹、烈日紅鏡、陽華突、火車、日暈の龍 頭舞い、灼骨炎陽、斜陽転身、飛輪陽炎、円舞一閃など12種類があります。12種類の中には、水の呼吸や日の呼吸に似た技もありました。しかし、それらの呼吸と異なっているのは、鬼が負傷して再生する際の能力をかなり遅らせることができるということでした。

週刊少年ジャンプで連載され、2019年にアニメ化もされた大人気作『鬼滅の刃』。その主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)の活躍を最新の無限城編までネタバレありで解説していきましょう。痣の意味や、ヒノカミ神楽の奥義とは?

第180話では、竈門家に代々伝えられているヒノカミ神楽(日の呼吸)の型についての秘密が解き明かされていきました。本来、12種類の型があると父親である炭十郎から伝授されていた炭治郎でしたが、鬼殺隊の中で最高の力を誇っている煉獄杏寿郎の弟からの手紙によって、本当は13種類の型があることが判明します。さらに、12種類の型までしか受け継いでいない炭治郎は、13の型を受け継いでいないことも記されていました。

「ヒノカミ」という第19話のラストだけに使用された「竈門炭治郎のうた」は、鬼滅の刃のためだけに用意された曲となっていたのです。しかし、かなりのクオリティの高さで周囲を驚かせました。さらに、その曲を歌っている歌手であり声優の中川奈美さんの美しい歌声との相性も抜群で、多くの感動を与える曲となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました