ヒノカミ神楽唯一の突き技

未分類

ヒノカミ神楽唯一の突き技

竈門炭十郎(かまど たんじゅうろう)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎とその妹の禰豆子の父親である。
炭治郎曰く「植物のような人」で、非常に穏やかで物静かな人物。竈門家に伝わるヒノカミ神楽を炭治郎以上に極めており、病弱な身ではあったが一晩中神楽を舞い続けたり、巨大な熊を一瞬で仕留めたりと時に超人的な力を発揮した。物語が開始した時点で死亡しており、作中では主に炭治郎の回想の中で登場する。

そして炭治郎は、代々竈門家に伝わるヒノカミ神楽つまり日の呼吸を耳飾りとともに継承されました。

数ある呼吸の中でも威力の強い呼吸だとされる日の呼吸は、継承の途中で【ヒノカミ神楽】と名を変えていきました。

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。
炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

上弦の肆である半天狗に対して使用した。ヒノカミ神楽唯一の突き技。天井裏へ逃げた半天狗をこの技で追い打ちした。

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。
炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました