下弦の伍・累 (るい) のプロフィールはこちらです

未分類

下弦の伍・累 (るい) のプロフィールはこちらです

上弦の伍・累(るい)は十二鬼月の1人で、那田蜘蛛山を拠点としていた鬼です。子供の様な容姿に白い着物を着ていて、蜘蛛のような髪型をしています。また、見た目通り戦闘時も糸を使用しているのが特徴です。
人間であった頃の悲しい過去から家族の絆を欲しており、鬼になってからは実際に“擬似家族”と共に生活していました。しかし実際に“擬似家族”とは絆を結べず、家族達は累への恐怖心で動いています。那田蜘蛛山編ではそれまでに登場した敵の中でも屈指の強さを見せつけ、炭治郎を圧倒しました。
下弦ながらも鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)に認められた十二鬼月の1人である累。そんな累の血鬼術や悲しい過去などを、徹底的に解説していきます!

CV:内山昂輝下弦の伍。蜘蛛の巣の柄が入った白い着物に、蜘蛛の足のような髪の毛をしている。那多蜘蛛山を生息地にしていた。糸を使って戦闘をする。糸は炭治郎の刀を折るほどに硬い。『家族』というものに執着し、那多蜘蛛山で鬼たちと擬似的な家族関係を築いていた。しかし、その関係は累に対する恐怖で成り立っている。那多蜘蛛山に入ってきた多くの鬼殺隊士を殺害する。そこに命令を受けた炭治郎たちがやってきて戦闘となる。

佩狼とは、『鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝』に登場するキャラクターである。
人食いの怪物・鬼であり、その中でも別格で強力な集団“十二鬼月”の一員。下から五番目の位である“下弦の弐”の称号を持つ。超常の術を操り、常軌を逸した身体能力を誇る鬼でありながら、大量に隠し持った銃や爆弾を主な得物とし、さらに剣術も心得ている。
“炎のような色の髪”を持つ鬼狩りの剣士に殺されかけた過去を持ち、その雪辱と報復のため帝都に潜伏。討伐に来た煉獄をかつて自分を追い詰めた剣士だと認識し、激闘を繰り広げた。

鬼舞辻無惨の配下に位置する十二鬼月の1人である下弦の伍・累。炭治郎が初めて遭遇した十二鬼月であり、家族の絆に飢える悲しい過去を持つ鬼です。今回は累の過去や血鬼術、“擬似”家族を徹底的に解説していきます!

サイコロステーキ先輩とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼を狩ることを目的とする鬼殺隊の剣士。本名は不明。
那田蜘蛛山での戦いに登場し、幸運か実力か鬼がひしめく山林を踏破して“下弦の伍”累に挑むも一瞬で惨殺される。出番はこの時のみながら、“鬼を滅ぼす”という目的にストイックな人物が多い鬼殺隊の中にあって、「安全に出世して金が欲しい」と非常に俗物的な感覚で行動している。これが逆にファンの注目を集め、いわゆるネタキャラ的な人気を獲得していった。

十二鬼月の1人にして、炭治郎の前に立ちはだかる最初の強敵となる下弦の伍・累。残忍な性格の裏に悲しい過去を持つ、闇の深いキャラクターです。
しかし累は死の直後に“本当の家族”との再会を果たし、例え行く先が地獄でも累と共に行くと語りかける両親に深く謝罪をし、家族の絆は失ってなかったことに気付きます。
最期は悲しい人生も報われたように見えた少年の泣く姿。累の人生を振り返ったらぜひ那田蜘蛛山編を読んでみて下さい。

下弦の伍・累 (るい) のプロフィールはこちらです。

那田蜘蛛山に足を踏み入れた炭治郎は同じ鬼殺隊の同士から向けられる刀に驚きます。そこに現れた少年の鬼・累は「お前らは母が殺す」と告げました。先に山に入った隊士達は、累の母と思われる鬼に操られていたのです。
次に出会ったのは顔が蜘蛛のおそらく十二鬼月と思われる大男。さすがの強さに為す術なく、炭治郎は伊之助(いのすけ)を残し遠くに投げ飛ばされてしまいます。
投げ飛ばされた先には累と姉鬼がいました。炭治郎は姉を痛めつける累を叱責します。これまで母や父も累に怯えている様子は何度かありましたが、ここで累の左眼が露わになります。そこには「下弦の伍」の文字が。
この山の鬼を配下に置く十二鬼月は大男の父ではなく、少年の姿をした下弦の伍・累だったのです。

累とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、下弦の伍に位している。炭治郎たちが初めて遭遇した十二鬼月の鬼であり、那多蜘蛛山で炭治郎たちと死闘を繰り広げた。家族の絆を追い求める鬼であり、他の鬼に擬似的な家族を演じさせていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました