下弦の鬼が招集された際に無惨に殺されてしまった

未分類

かつては 十二鬼月の下弦ノ陸であった「響凱(きょうがい)」!

かつては、十二鬼月の下弦ノ陸であった「響凱(きょうがい)」!

無限城に召集された際、他の下弦の鬼が次々と殺されるのを見て、その場から逃亡。しかし、無惨の手によって首をもぎ取られ、死亡してしまいます。

一方、下弦2の轆轤は「ろくろ首」、下弦6の釜鵺は「鵺(ぬえ)」といった日本の妖怪がモデルのはず。 鵺は「平家物語」で登場した猿とトラと蛇のミックスした妖怪。鳴き声が鳥だけあって、『ONE PIECE』ではトリトリの実にカテゴライズされます。

下弦の鬼が招集された際に無惨に殺されてしまった。柱に挑むための力を得るために無惨に血を分け与えてもらうよう懇願したが、無惨の怒りを買ってしまい殺害された。

下弦の1・魘夢は通称「眠り鬼」。人々を夢心地にいざなって、その相手の精神の核を破壊して廃人にさせる能力を持つ。鬼舞辻無惨の大量の血を摂取しても唯一生き残っただけあって、炎柱・煉獄杏寿郎ですら簡単に騙されてしまったほど。

サイコロステーキ先輩とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼を狩ることを目的とする鬼殺隊の剣士。本名は不明。
那田蜘蛛山での戦いに登場し、幸運か実力か鬼がひしめく山林を踏破して“下弦の伍”累に挑むも一瞬で惨殺される。出番はこの時のみながら、“鬼を滅ぼす”という目的にストイックな人物が多い鬼殺隊の中にあって、「安全に出世して金が欲しい」と非常に俗物的な感覚で行動している。これが逆にファンの注目を集め、いわゆるネタキャラ的な人気を獲得していった。

十二鬼月は鬼の始祖である鬼舞辻無惨直属の12体の鬼。つまり、鬼の中でも最強の集団である。上弦の壱に近づけば近づくほど強く、下弦の陸に近づけば近づくほど弱く、明確に実力順となっている。

CV:諏訪部順一身体に鼓をつけた鬼。下弦の陸だったが、人間を喰えなくなってしまったことで無惨に見限られ、十二鬼月の地位を剥奪された。体の鼓を叩くことで、屋敷の部屋を入れ替える、部屋を回転させる、斬撃を放つ、という血鬼術を使える。炭治郎と善逸が、指令を受けて向かった先の屋敷で出会った。人間50人分に相当する『稀血』の少年を喰って十二鬼月に返り咲こうとしていた。しかし、稀血の少年を横取りしようとする鬼が現れ、鼓の一つを落としてしまう。その鼓は部屋を入れ替える力があった。それを稀血の少年に奪われ、響凱は屋敷内を逃げ回る少年を探して徘徊していた。そこで炭治郎と遭遇して頸を斬られた。

鳴女の血鬼術は「亜空間を操る能力」も持っているため、いわゆる無限城を操る上弦の鬼でもあります。下弦の鬼が初めて一挙に登場した際など、上弦の鬼に昇格する前から頻繁に登場。四方八方に亜空間を操る能力に恋柱の甘露寺蜜璃と蛇柱の伊黒小芭内は苦戦を強いられました。

魘夢については「【鬼滅の刃】魘夢についてまとめてみた【悪夢を見せる下弦の壱】」にさらに詳しくまとめています。

『鬼滅の刃』十二鬼月の一人、下弦の伍・累(るい)。蜘蛛を思わせる白髪の少年のような姿をした鬼です。
声優は内山昂輝(うちやまこうき)さんが担当しています。
「家族の絆」というものに憧れ、鬼でありながらも炭治郎を守った禰豆子に対して強い執着を見せました。「家族」として力を与えたり、人の身体を容易に切断できる蜘蛛の糸を操ります。

響凱とは『鬼滅の刃』に登場する鬼である。鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の下弦の陸だったが、人間を喰う事が出来なくなって成長の限界を迎えた為に無惨からその地位を剥奪された。その後、十二鬼月に返り咲く為に『稀血』(人間50人にも相当する希少な血)を持つ人間を喰おうとしていた。

零余子については「【鬼滅の刃】零余子についての情報まとめ【十二鬼月下弦の肆】」にさらに詳しくまとめています。

左手の甲についた口で人を強制的に眠らせることができる洋装の鬼です。下弦の伍である「累」(るい)の敗北を受け、実力不足に怒った鬼舞辻無惨が次々と下弦の鬼を粛清していった際に、唯一生き残るチャンスを与えられました。

下弦の鬼が招集された際に無惨に殺されてしまった。他の下弦の鬼が殺されるのを見て逃げようとしたが、無惨に捕まり殺害された。

コメント

タイトルとURLをコピーしました