伍ノ型 干天の慈雨

未分類

伍ノ型 干天の慈雨

水の呼吸伍ノ型「干天の慈雨」は、基本的には鬼が自分から頸を差し出してきた時にだけ使用される慈悲の技です。この技は、他の流派にはない鬼に情けをかけるという優しさに溢れています。「干天の慈雨」は、他の技とは違い、水のエフェクトと一緒に天から光が射しこむような演出がされています。

自ら頸を差し出してきた母鬼の様子を見て全てを悟った炭治郎は、出そうとしていた水の呼吸の技を「壱ノ型 水面斬り」から「伍ノ型 干天の慈雨」に切り替えました。これにより、母鬼は穏やかに消滅することができたのでした。

その中でも特別な意味を持つのが「水の呼吸 伍ノ型 干天の慈雨」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました