十二鬼月上弦

未分類

十二鬼月上弦

童磨とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、No.2である上弦の弐に位している。 笑顔が絶えず、気さくに接するが、その本性は残忍で非道。蟲柱である胡蝶しのぶの姉を殺害した張本人である。異空間・無限城で鬼殺隊の隊士たちと対峙し、苦しめる。

累が敗れた事で、無惨から下弦の十二鬼月の実力不足を叱責された際に、「そんな事を俺たちに言われても」という心の声を読まれる。そのような思考が不遜とみなされて、無惨に喰われた。

最強ランキング6位は、十二鬼月・上弦の陸である「妓夫太郎」となりました。妓夫太郎が持つ血の毒が非常に厄介で、耐性のある宇随がいたからこその勝利だったのかもしれません。評価ポイントは宇随を戦線離脱に追い込んだこと、そして妹である堕姫も同時に頸を斬らなければならないといったある種の防御力です。

最強ランキング8位は、十二鬼月・上弦の陸である「獪岳」となりました。無限城において、善逸とお互いのわだかまりと確執をぶつける死闘を繰り広げますが、雷の呼吸を使い、一瞬の間に四方八方から対象を襲う「弐ノ型 稲魂」や高速で動き回る「参ノ型聚蚊成雷」などでも避けるのは困難なのですが、これでもまだ鬼になったばかりでした。討伐されずに時間がたてばかなりの強さになっていたと考えられることから、この順位となりました。

十二鬼月との戦いは盛り上がるところなので、ぜひ原作で振り返って見てくださいね!

煉獄杏寿郎外伝にて登場。
マントを羽織った男性の警官隊士の様な風貌の鬼で、影の血鬼術と銃を用いた戦法を得意とし、他にも笛鬼同様に影から魔犬を呼び出す血鬼術を使う。
かつて自らのプライドを傷つけた「煉獄」への復讐を目論み、何年も力を蓄えて十二鬼月までのし上がった鬼であり、作中では煉獄への復讐の為に、東京の帝都中に時限爆弾を仕掛けて、無差別攻撃を行う。

体についた太鼓を叩くことで、屋敷の部屋を入れ替る、部屋を回転、斬撃を放つなどの血気術が使えます。炭治郎との戦いでは人間50人分に相当すると言われる「稀血」の少年を食い、十二鬼月の地位を取り戻そうとしていました。

最強ランキング2位は、十二鬼月・上弦の弐である「童磨」となりました。童磨に強い恨みを抱いていた蟲柱である胡蝶しのぶを余裕の顔で倒してしまうなど、作中では圧倒的な強さを見せていました。冷気の呼吸もさることながら、肉体的な強さを持っており、しのぶのことを「今まで出会った柱の中で一番速い」と評価しつつも、それを上回る速さ斬りつけています。

響凱(きょうがい)はかつて十二鬼月の下弦の陸だった、「鼓屋敷(つづみやしき)」を縄張りとする鬼です。肩や腹、脚などに鼓が生えたおぞましい姿をしています。炭治郎と出会った時には、無惨に見限られてすでに下弦の立場を失っていました。体中にある鼓を打つたびに屋敷の空間を回転させ、空間を支配する厄介な血鬼術を使います。
響凱の人間時代は、主に伝奇小説を書く小説家の青年でした。しかし小説が知人に酷評されたことに怒り、その知人を殺害してしまったのです。このような過去から、戦闘中に原稿用紙を踏まず称賛の言葉までくれた炭治郎に胸を打たれています。

鳴女とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、半天狗の代わりに上弦の肆となった。
無惨にいつも付き従っている鬼であり、異空間・無限城を操る力を持っている。索敵能力に優れており、鬼殺隊の本部を見つけ出した。

最強ランキング9位は、十二鬼月・下弦の壱である「魘夢」となりました。魘夢は無惨から気に入られて血を与えられていますが、結局人を食べてさらに強い力を得る前に炭治郎に殺されています。血気術は強く、また強さを得る計画が成功していれば期待できた人物なので、その可能性を評価して堕姫よりも高いランキングにしています。

玉壺とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の伍に位する。 身体から生えている無数の手、複数の口、壺から這い出る軟体など、人間の形から大きく外れた異形の鬼。芸術家を気取り、残虐な行いを躊躇なく行う。

上弦の壱・黒死牟が十二鬼月最強の鬼です。

上弦の陸・獪岳とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、妓夫太郎・堕姫に変わって上弦の陸となった。元は鬼殺隊の隊士であり、雷の呼吸の使い手だった。炭治郎の同期である我妻善逸とは同じ師を持つ兄弟弟子の間柄であり、因縁を持っている。

『十二鬼月』とは、最大の敵である鬼舞辻無惨直属の鬼である。他の鬼とは異次元の強さを持つ。十二鬼月は『上弦』6体、『下弦』6体、計12体の鬼で形成されている。上弦、下弦の鬼には『壱(いち)』〜『陸(ろく)』の番号が振り当てられ、番号が若くなるほどに強くなっていく。上弦の鬼の強さは別格で、鬼殺隊最高の剣士である『柱』は、何人も上弦の鬼に敗北している。上弦の陸である『妓夫太郎』と『堕姫』が倒されるまで、100年もの間上弦の鬼を打ち破った者はいなかった。下弦の鬼は、柱と渡り合うほどの力が無い。下弦の伍である『累』が敗北した時、無惨は下弦の鬼に失望した。そして下弦の壱である『魘夢』を除いて殺害し、下弦の鬼を解体した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました