十二鬼月下弦の陸の鬼

以上 下弦の鬼についてまとめてみました

サイコロステーキ先輩とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼を狩ることを目的とする鬼殺隊の剣士。本名は不明。
那田蜘蛛山での戦いに登場し、幸運か実力か鬼がひしめく山林を踏破して“下弦の伍”累に挑むも一瞬で惨殺される。出番はこの時のみながら、“鬼を滅ぼす”という目的にストイックな人物が多い鬼殺隊の中にあって、「安全に出世して金が欲しい」と非常に俗物的な感覚で行動している。これが逆にファンの注目を集め、いわゆるネタキャラ的な人気を獲得していった。

肩書き:下弦の弐血鬼術:鹵獲腔武器:ピストル、ライフル、ガトリングガン、手榴弾、時限爆弾、日本刀佩狼(はいろう)とは、吾峠呼世晴原作、平野稜二作の『鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝』に登場するキャラクターである。顔を中心に三角形の意匠が無数に施されている異形の男で、常に軍服姿。歯は牙状になっており、左の瞳には後述の“下弦の弐”である証「下弐」の文字が浮かんでいる。人食いの怪物・鬼であり、その中でも別格で強力な集団“十二鬼月”の一員。下から五番目の位である“下弦の弐”の称号を持つ。超常の術を操り、常軌を逸した身体能力を誇る鬼でありながら、大量に隠し持った銃や爆弾を主な得物としている。それらを効果的に組み合わせて使うことで高い戦闘力を発揮し、自分を討伐に来た鬼殺隊の剣士たちを相手に互角以上に渡り合った。酒徳利を片手に提げた、“炎のような色の髪”を持つ鬼狩りの剣士に殺されかけた過去を持ち、その雪辱と復讐に執念を燃やす。“下弦の弐”まで上り詰めた原動力もここにあり、何かにつけては自身の過去(復讐の動機となった一件)を語る。しかし激しやすいを通り越してエキセントリックな性格で、話している内に平静さを失うのが常であり、こうなった時は自らの頭蓋を自ら撃ち抜く。鬼は通常の生物ではありえないほど高い再生能力と、太陽の光を浴びるか鬼殺隊の剣士に首を切り落とされることでしか死亡しない特性を持っているため、数秒後には頭部の損傷が回復。この正気とは思えない方法で、本人曰く「冷静さを取り戻す」ようにしている。記憶は失われているものの、「人間だった頃は拷問が得意だった」とのことで、実際に自分を討伐に来た鬼殺隊の剣士を無力化した上で散々にいたぶる描写もあった。十分に力を蓄え、今こそ復讐を果たす時とばかり帝都に潜伏。討伐に来た煉獄をかつて自分を追い詰めた剣士だと認識して襲い掛かり、彼の部下ともども激闘を繰り広げた。街中に時限爆弾を仕掛けて仲間たちと分断し、孤立した煉獄をライフルやガトリングガンを用いて攻め立てるも倒すに至らず、ついには弾丸を撃ち尽くしてしまう。煉獄の威風堂々とした姿に、彼がかつて自分を追い詰めた剣士とは別人である可能性に思い至るも、なお復讐を遂げんと最後の武器である刀を手に取った。その直前、人間だった頃に武士として戦った記憶が蘇り、それまでの言動が嘘のように落ち着いた様子で対峙する煉獄に向かって名乗りを上げる。侍同士の決闘のごとく、互いに渾身の一刀を放つも競り負け、首を切り落とされる。最後に「いい太刀筋だ」と煉獄の技を称賛し、そのまま滅びていった。作中の描写などから、かつて彼を追い詰めた剣士は実際には煉獄の父・槇寿郎だと思われる。番外編に登場したキャラクターではあるが、見栄えのする戦い方や強烈な個性、意外な正体、潔い最期など短い出番の中で数々の見せ場を作り、原作ファンからも高評価を受けている。

佩狼とは、『鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝』に登場するキャラクターである。人食いの怪物・鬼であり、その中でも別格で強力な集団“十二鬼月”の一員。下から五番目の位である“下弦の弐”の称号を持つ。超常の術を操り、常軌を逸した身体能力を誇る鬼でありながら、大量に隠し持った銃や爆弾を主な得物とし、さらに剣術も心得ている。“炎のような色の髪”を持つ鬼狩りの剣士に殺されかけた過去を持ち、その雪辱と報復のため帝都に潜伏。討伐に来た煉獄をかつて自分を追い詰めた剣士だと認識し、激闘を繰り広げた。

響凱(きょうがい)はかつて十二鬼月の下弦の陸だった、「鼓屋敷(つづみやしき)」を縄張りとする鬼です。肩や腹、脚などに鼓が生えたおぞましい姿をしています。炭治郎と出会った時には、無惨に見限られてすでに下弦の立場を失っていました。体中にある鼓を打つたびに屋敷の空間を回転させ、空間を支配する厄介な血鬼術を使います。
響凱の人間時代は、主に伝奇小説を書く小説家の青年でした。しかし小説が知人に酷評されたことに怒り、その知人を殺害してしまったのです。このような過去から、戦闘中に原稿用紙を踏まず称賛の言葉までくれた炭治郎に胸を打たれています。

累については「【鬼滅の刃】累についてまとめてみた【那田蜘蛛山を縄張りとする下弦の伍】」にさらに詳しくまとめています。

質問を投げかけられた轆轤はすぐさま無惨の血を求め、自身が強力な鬼になってみせると発します。この轆轤の言葉は無惨に対して血を渡すよう求める命令のように聞こえます。案の定無惨は身の程を弁えない図々しい奴だと発して怒りを露わにし、轆轤の説得虚しくそのまま惨殺されてしまいました。その後下弦の壱以外のメンバーは無惨によって最後を遂げたため、十二鬼月の下弦という組織は完全に無惨の下から消滅しました。

十二鬼月下弦の陸の鬼。無惨に招集され下弦の鬼の実力不足を叱責された際、「そんな事を俺たちに言われても」と考えたことを無惨に読まれてしまい殺されてしまった。

しかし十二鬼月は鬼殺隊でも一切敵わないほどの強さを持っているものの、上弦と下弦に天地ほどの差が出来ています。基本的に下弦は一対一の戦いに勝利しないと上弦に上がることが出来ません。そのため、下弦は非常に入れ替わりが激しく、無惨にそこまで戦力として見られていません。このことから漫画鬼滅の刃に登場する轆轤もある程度の強さを持っていると考えられるのですが、柱を倒せるほどの実力を有していないといえます。

響凱とは『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の下弦の陸だったが、人間を喰う事が出来なくなって成長の限界を迎えた為に無惨からその地位を剥奪された。その後、十二鬼月に返り咲く為に『稀血』(人間50人にも相当する希少な血)を持つ人間を喰おうとしていた。

無惨によって他の下弦の鬼が目の前で処分をされていく光景ですら楽しんで見ていて、それが気に入られ下弦の中で唯一チャンスを与えられました。

累とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、下弦の伍に位している。
炭治郎たちが初めて遭遇した十二鬼月の鬼であり、那多蜘蛛山で炭治郎たちと死闘を繰り広げた。家族の絆を追い求める鬼であり、他の鬼に擬似的な家族を演じさせていた。

釜鵺については「【鬼滅の刃】釜鵺についてまとめてみた【十二鬼月下弦の陸】」にさらに詳しくまとめています。

以上、下弦の鬼についてまとめてみました。下弦の鬼は無惨に招集された際にほとんど死んでしまったので、どんな血鬼術なのか気になるキャラもいますよね。ファンブックとかでもいいので、どんな能力だったのか明らかになると嬉しいですね。

鬼舞辻無惨の配下に位置する十二鬼月の1人である下弦の伍・累。炭治郎が初めて遭遇した十二鬼月であり、家族の絆に飢える悲しい過去を持つ鬼です。今回は累の過去や血鬼術、“擬似”家族を徹底的に解説していきます!

他の下弦の鬼が殺害されるのを見て、無惨に対して「血をいただけないか」と懇願。そのお願いを「無惨への命令」と捉えられ、無惨に殺害されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました