善逸は雷の呼吸を使う剣士なので 柱になる場合は雷柱でしょう

未分類

『雷の呼吸』の使い手であり 聴力が優れている

柱とは鬼滅の刃に登場する鬼殺隊の幹部たちです。かなりの強さを持っている柱たちは、現在死亡していくキャラクターが続出しているので今後の展開では空いた柱の穴に善逸が入る可能性は十分にあります。善逸は雷の呼吸を使う剣士なので、柱になる場合は雷柱でしょう。

鬼殺隊の元鳴柱で雷の呼吸の使い手。柱を引退してからは育手として若い鬼殺隊員を育て、善逸や獪岳に雷の呼吸を教えていた。

漆ノ型:火雷神とは雷の呼吸の中でも主人公の親友の一人である善逸が使用する技です。漆ノ型:火雷神は善逸が鬼になってしまったかつての兄弟子を倒すために繰り出しており、上弦の鬼という幹部の鬼となった兄弟子を切り倒した技です。漆ノ型:火雷神は自分と比較され尊敬していた兄弟子を超えるために修行して編み出した技となっており、善逸しか使えないオリジナル技です。

■雷の呼吸漆ノ型 火雷神(ほのいかづちのかみ)
火雷神とは、農耕民族であった古代日本人が雷の猛威に対する畏れや稲妻と共にもたらされる雨の恵みへの信仰から生まれた神と言われています。
壱ノ型しか使えなかった善逸が修行の果てに編み出したオリジナルの型です。同じく雷の呼吸の使い手である獪岳にも見えないほどの速さで、雷の呼吸最速の技とされています。
原作では雷神を象徴する龍が描かれ、強烈な一撃を繰り出しています。

雷の呼吸は様々なかっこいい技がある剣技です。善逸は雷の呼吸を全て使うことは出来ませんが、雷の呼吸を使うことが出来る元剣士の鬼が作中に登場し、雷の呼吸の技を多数披露していました。そんな雷の呼吸はどんな技が有るのか、雷の呼吸のかっこいい技を要チェックです!

■雷の呼吸陸ノ型 電轟雷轟(でんごうらいごう)
電轟雷轟とは雷が鳴り響き、稲妻が走るという意味です。
一瞬の内に広範囲にいく筋もの雷のような斬撃を放ち、相手の全身に攻撃を与えます。

壱の型以外は一切修行しても身につくことがなかった善逸は、雷の呼吸は合わなかったのかもしれません。性格的にも善逸は隊士には向いておらず、常にネガティブ志向な人間なので戦いに臆病です。ですが潜在能力は凄まじく、鬼との戦闘ではあまりの恐怖から敵前で寝てしまい無意識に鬼を倒すという離れ業を行います。雷の呼吸が合わなかったとしても、剣士としての才能はピカイチなのが善逸でした。

善逸は登場したばかりのころから現在の物語までずっと壱の型しか扱えない隊士でした。善逸は壱の型しか使えませんが、師匠からは立派な隊士として認められています。善逸によると、他の雷の呼吸の型は習得しようとしたようですが全く身につかず唯一使える壱の型だけをひたすら訓練して鍛えたようです。

善逸と獪岳の二人で雷の呼吸を継承してほしいと元鳴柱は望んでいました。

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。
『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。
とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

■雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃(へきれきいっせん)
電光石火の勢いで鬼に接近し、一太刀で鬼の弱点である頸を斬る技です。
相手に攻撃の隙を与えることなく先手を取ることができます。攻撃時は雷鳴の如く轟音が響きわたります。
また、壱ノ型を6連撃放つことのできる「霹靂一閃 六連」と、さらに強力な「霹靂一閃 八連」は多方向からの攻撃を瞬時に斬り払うことが可能な技です。
そして、壱ノ型最速の剣技と言われている「霹靂一閃 神速」は上弦の鬼をも圧倒する速さを持っています。しかし足への負担が大きく、雷の呼吸の使い手の1人である我妻善逸は神速を2回使うと動けなくなってしまいます。

善逸は雷の呼吸の中では壱の型と善逸だけのオリジナル技しか使えないので、他の雷の呼吸の技は使えません。しかし他の雷の呼吸の技は鬼滅の刃の作中で披露されていますので、どんな技があるのか見ていきましょう!

『鬼滅の刃』に登場する「雷の呼吸」は、主人公・炭治郎と行動を共にする仲間の我妻善逸(あがつまぜんいつ)が扱う呼吸。今回は、彼が使う雷の呼吸に注目して、使い手や型、エピソードなどを解説していきます!

鬼滅の刃の作中には「呼吸」という鬼殺隊の隊士たちが鬼と戦うために使用する戦闘技術が登場します。呼吸には複数種類が存在しており、雷の呼吸はそんな鬼滅の刃の作中でも基本の呼吸と呼ばれる5の呼吸の一つとして登場しました。雷をイメージさせるような一瞬の剣戟が特徴的な雷の呼吸ですが、使い手が少なく「柱」と呼ばれる最強の剣士に与えられる称号を持つ剣士は存在していません。

善逸は鬼殺隊の隊士として登場する剣士です。黄色の羽織と金髪が特徴的なキャラクターの善逸は、主人公である炭治郎と同期の隊士で入隊試験を行った際にも一緒の山で鬼と戦っていました。善逸は雷の呼吸という型の剣術を扱うキャラクターで、性格としては気弱でいつも自分は鬼にすぐに殺されてしまうというネガティブ思考な人間です。気弱でネガティブな善逸ですが、主人公の同期として活躍している剣士の中ではかなりの実力者となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました