岩柱悲鳴嶼行冥 ひめじま ぎょうめい

未分類

岩柱悲鳴嶼行冥 ひめじま ぎょうめい

柱の中でも最強と言われていて、岩柱を務めています。柱の中心的な存在で、上弦の月との戦いでも大活躍しています。アニメ編ではまだその存在は出ていませんが、原作では鬼舞辻戦でも圧巻の戦いをしています。アニメ編で放映されることがあれば最強の所以がわかると思います。

不死川玄弥(しなずがわ げんや)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
主人公の炭治郎の同期の剣士であり、最終選抜試験で出会った。風柱の不死川実弥の実の弟で、岩柱の悲鳴嶼行冥に師事している。
呼吸を使うことができないが、鬼を喰らって力を増すという特異体質を持っている。

悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『岩の呼吸』を使う岩柱。御経を唱え、いつも涙を流している男。盲目だが、強靭な肉体を持つ鬼殺隊最強の剣士である。鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に心から忠誠を誓っている。

アニメ『鬼滅の刃』で岩柱・悲鳴嶼行冥の声優を担当するのは、杉田智和(すぎた・ともかず)さん。代表作に『銀魂』坂田銀時役、『涼宮ハルヒの憂鬱』キョン役などがあります。杉田智和さん自身のキャラクター性も相まって、声優とキャラの垣根を越えて「銀さん=杉田」「キョン=杉田」という強いイメージがついています。

【本日は悲鳴嶼の誕生日!】8月23日は岩柱・悲鳴嶼行冥の誕生日!悲鳴嶼の誕生日を記念して、ufotable描き下ろしミニキャライラストを公開しました!

鬼殺隊の”岩柱”。常に数珠を手に合掌し念仏を唱えている。

岩柱・悲鳴嶼行冥が使うのは「岩の呼吸(いわのこきゅう)」。「鬼殺隊最強」の剣士と呼ばれる悲鳴嶼行冥は、他の隊士とは違った日輪刀を用います。刀身は幅が広く、まるで斧のよう。そこにジャラジャラと鎖で鉄球がつながったもの。その戦いぶりは、相手に盲目であることをさとらせないほどです。27歳の悲鳴嶼行冥は、肉体、技とも極限まで練り上げられたものを持っています。220cmという長身かつ頑強な身体を持ちながら、俊敏な動きができることに、上弦の壱・黒死牟も「素晴らしい」「これほどの剣士を拝むのはそれこそ300年ぶりか」と驚きを見せています。

アニメ『鬼滅の刃』で悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)を担当した声優は杉田智和(すぎたともかず)です。1980年10月11日生まれでアトミックモンキー所属。アドリブ上手で厚みのある低音ボイスに定評があります。
代表作は『銀魂』の坂田銀時役や『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョン役など人気キャラクターの担当も多数務め、知名度を大幅にアップさせました。
第3回声優アワードでは助演男優賞を受賞。いくつかの映画作品で俳優活動も行っており、幅広い分野で活躍する声優です。

「岩の呼吸(いわのこきゅう)」とは、鬼殺隊士が用いる呼吸法。岩柱・悲鳴嶼行冥が習得しています。炎、風、岩、雷、水の基本の5つの呼吸のひとつ。型は伍ノ型まであります。

使用する呼吸:岩の呼吸日輪刀の色:灰色誕生日:8月23日年齢:27歳身長:220cm体重:130kg出身地:東京府 靑梅 日の出山(現:日の出山 青梅)趣味:尺八好きな物:炊き込みご飯岩の呼吸の使い手で、岩柱。首と手に数珠をはめ、「南無阿弥陀仏」の字が記された羽織を着用している。よく涙を流し、念仏や慈悲の言葉を発している。禰豆子のことが議題となった柱合会議では炭治郎を見て「なんとみすぼらしい子供、生まれてきたこと自体が可哀想だから殺してやろう」「鬼に取り憑かれているのだ、早く殺して解き放ってあげよう」と発言しており、異常性が見て取れた。しかし、その後は人格者としての一面が多く描かれる。鉄球が繋がれた斧状の日輪刀を使用している。悲鳴嶼の日輪刀は鉄の純度が極めて高く、さらに陽の光をよく吸っている。悲鳴嶼と対峙した黒死牟はその鉄の純度から鎖を断ち切れぬと判断した。さらに悲鳴嶼の日輪刀に触れただけで黒死牟の肉からできた刀は灼けた。鬼殺隊の中でも相当の実力者である。柱稽古の時に悲鳴嶼を見た伊之助は「鬼殺隊最強だ」と断言している。盲目でも戦うことができるのは、日輪刀の鎖を振り鳴らす音の反響で、空間や敵の動きを正確に感知しているからである。黒死牟と戦う中で『透き通る世界』を見ることができるようになった。悲鳴嶼は鉄球だけではなく、手斧も投擲して攻撃を行う。その卓越した腕力と技で鉄球と手斧、そして鎖を自身の手足のように操る。黒死牟との戦いで痣を発現させた。悲鳴嶼の痣は岩がひび割れたような紋様が両腕に現れる。黒死牟から痣を発現させた者は25歳をまでに死ぬと知らされ、27歳の悲鳴嶼はその晩には死ぬだろうと告げられた。刀鍛冶の里の戦いの後に行われた柱合会議では、柱たちを取りまとめていた。鬼殺隊の長である産屋敷耀哉からの信頼も厚いようで、無惨の到来を予期した産屋敷耀哉は、自身の命を餌にして無惨を追い込む計画を立てるが、全隊員の中で唯一その計画を聞かされていた。不死川玄弥と行動を共にしているが、玄弥は継子ではない。悲鳴嶼は玄弥に呼吸の才能が無いことを告げているが、鬼食いをする玄弥を気にかけてそばに置いている。

これまで圧倒的な強さで柱たちを一蹴していた黒死牟(こくしぼう)でしたが、悲鳴嶼が不死川実弥(しなずがわさねみ)の助太刀に現れてから流れが一変。悲鳴嶼は相手の呼吸に合わせて動く連携プレイが得意なため、実弥と協力して黒死牟を追いつめていきます。
そして痣が発現した悲鳴嶼は「岩の呼吸」から剣技の数々を披露。伍(ご)ノ型「瓦輪刑部(がりんぎょうぶ)」で4箇所同時攻撃を、弐(に)ノ型「天面砕(てんめんくだ)き」 で鎖を踏みつけて投擲した鉄球を頭に落とす変則的な技を、肆(し)ノ型「流紋岩・速征(りゅうもんがんそくせい)」では超威力の鉄球と斧をぶつけました。
さらに悲鳴嶼のするどい観察眼も冴えわたります。黒死牟が持つ体を透かして見て血流で相手の動きや思考を先読みする能力を見破ることに成功。自身もその力を使い、黒死牟に反撃の一手をくらわせたのでした。

『鬼滅の刃』のキャラクター、岩柱(いわばしら)・悲鳴嶼行冥(読み方は、ひめじま・ぎょうめい)。220cmという長身で恵まれた体格を持ちながら、手斧と鉄球のような日輪刀を用いて、敵に盲目であることを悟らせないほどの俊敏さです。風柱・不死川実弥の弟、玄弥を継子として迎えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました