弐ノ型 八重霞

未分類

弐ノ型 八重霞

第119話「よみがえる」にて、蛸の巨大な触手で襲い掛かる玉壺の血気術「蛸壺地獄(たこつぼじごく)」に対抗して使用しました。技の影響で、霞が雲のように厚く、海のように広く発生します。
玉壺いわく、この技は「素早いみじん切り」らしく、広範囲に多量の剣撃を浴びせるものなのでしょう。触手を全て切り刻んだ上で、玉壺の喉にあと少しで致命傷となるほどの切り傷をつけました。
第167話「愕然と戦慄く(わななく)」でも、黒死牟に弐ノ型に続けて使用しますが、同じくあっさりと後ろを取られ回避されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました