弐ノ型 挟頭の毒牙きょうずのどくが

未分類

弐ノ型 挟頭の毒牙きょうずのどくが

「蛇の呼吸」の技では蛇のようにうねる軌道の歩法、太刀筋を見せます。壱ノ型・委蛇斬り(いだぎり)、弐ノ型・狭頭の毒牙(きょうずのどくが)、伍ノ型・蜿蜿長蛇(えんえんちょうだ)の3つの型がこれまでに登場しましたね。
大きくカーブする変則的な動きを伴う「蛇の呼吸」では、太刀筋を上手く定められなければ正確に鬼の首は狙えないでしょう。この呼吸法であまたの鬼を倒してきているので、技術面に特化していると考えられます。
柱稽古で彼が担当したのが「太刀筋の矯正」だったことからも、その技術の高さが伺えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました