恋柱甘露寺蜜璃かんろじみつり

未分類

恋柱甘露寺蜜璃かんろじみつり

使用する呼吸:恋の呼吸誕生日:6月1日年齢:19歳身長:167cm体重:56kg出身地:東京府 麻布區 飯倉(現:港区 麻布台)趣味:料理、メンコで負け知らず好きな物:桜餅「恋の呼吸」の使い手で、恋柱。露出の多い隊服に、頭頂部が桜色、髪先が草色という特徴的な髪型をしている。甘露寺はこの露出の多い隊服が普通だと思っており、しのぶがこの隊服を着ていなかったことに驚愕していた。甘露寺が勘違いしていた理由は、隊服を仕立てている隊員が甘露寺を騙した為である。しのぶにも露出の多い隊服が渡されたが、しのぶは燃やして拒否している。髪は本来黒色だったが、好物の桜餅を食べ過ぎたあまり、色が変わってしまったらしい。非常に可愛らしい容姿をしている。その可愛さから炭治郎は耳打ちされた際に鼻血を出し、玄弥は話しかけることさえ出来なかった。『恋柱』の名に違わず、誰に対しても心ときめいている。感情的に行動し、玄弥に無視された時は、泣いてその事を炭治郎に訴えた。また、異空間・無限城で上弦の肆である鳴女と遭遇した際には「他の鬼殺隊員が頑張っている」という理由で、敵の能力も分からないのにもかかわらず突撃し、蛇柱である伊黒小芭内に注意されている。刀鍛冶の里で炭治郎と交流を深め、禰豆子とは非常に仲が良い。その後も炭治郎と文通をしている。口下手で、柱合会議で痣の発現方法を聞かれた時には「ぐあああ〜」「ばくんばくん」「メキメキメキィッ」と擬音でその時の状況を説明し、誰にも理解することができなかった。自身が何を発言したのかは理解しているようで、赤面しながら「穴があったら入りたいです。」と言って顔を隠した。鬼殺隊に入った理由は「添い遂げる殿方を見つけるため」である。鬼と全く関わり合いになっていないのに鬼殺隊へ入った珍しい経歴の持ち主である。守ってもらいたい願望があるために圧倒的な強さを誇る柱の男性に憧れているが、なかなか柱の男性に会うことができなかった。甘露寺は自らが柱になることで接点が作れると考え、それを実現した。甘露寺が使用している日輪刀は非常に薄く長い鞭のような形状をしている。使い方を誤れば自身を傷つけかねない代物で、甘露寺にしか扱うことができない。甘露寺の肉体は華奢に見えるが、筋肉密度が常人の8倍という特殊体質で、一歳二ヶ月の時に漬物石を軽々と持ち上げていた。また、女性特有のバネと柔軟な体を持つ。その肉体から繰り出される技は、音柱の宇髄よりも速い。食欲も凄まじく、力士3人よりも食べる。「恋の呼吸」は「炎の呼吸」から派生した系統であり、現炎柱の煉獄杏寿郎は師に当たる。その煉獄がかつて下弦の弐討伐の任を帯びて帝都に向かった際は同行し、彼の指示を受けて市民を守るために奔走。見事に初任務を果たした。上弦の肆である半天狗と、上弦の伍である玉壺が刀鍛冶の里を急襲した際は、その応援として駆けつけ、半天狗と戦う。また、無限城では、半天狗の代わりに上弦の肆となった鳴女と遭遇し、伊黒と共に戦う。

その後、産屋敷輝哉には「自分の強さを誇りなさい」とアドバイスされて感涙し、甘露寺蜜璃は恋柱として活躍。最終的に竈門炭治郎と出会い、甘露寺蜜璃はそこから「本当の力」を完全に解放できるようになった経緯があります。

恋柱・甘露寺蜜璃が使う恋の呼吸は、炎の呼吸から派生した蜜璃オリジナルの呼吸です。

鬼殺隊入隊後に蜜璃は、炎柱「煉獄杏寿郎」の継子となりました。炎の呼吸を学びます。しかし、オリジナリティが溢れ過ぎたゆえに独立。炎の呼吸から派生した「恋の呼吸」を極め、恋柱へと至るのです。

甘露寺蜜璃とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『恋の呼吸』を使う恋柱。非常に惚れやすく、誰にでも胸をときめかせる。生まれつき力が強く、その力を生かす為に鬼殺隊へと入った。鬼殺隊の柱として刃を振るうものの、鬼への憎しみを持っていない為に炭治郎や禰豆子と良好な関係を築いている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました