拾ノ型 生生流転

未分類

拾ノ型 生生流転

炭治郎の使用した技のひとつ、拾ノ型・生生流転(じゅうのかた・せいせいるてん)。

「拾ノ型 生生流転(じゅうのかた せいせいるてん)」は、回転しながら繰り出す連撃で、1撃目より2撃目、2撃目より3撃目と回転が増すごとに威力が上がっていきます。威力を最大限発揮するには、連撃を重ねる必要がありますが、水の呼吸の中でも最強威力の技です。
この型をつかっている最中は、うねる水の龍が現れて連撃の度に相手に襲い掛かります。炭治郎は、那田蜘蛛山で累との闘いで使用し、「壱ノ型 水面斬り」では斬れなかった累の糸を両断しました。

鬼滅の刃の作中には様々な技が登場します。拾ノ型 生生流転とは水の呼吸という主人公が使用する剣術の一つとして登場しました。拾ノ型 生生流転はかなりの強さを秘めている剣術で、技を繰り出すと水のドラゴンが登場して相手を飲み込むように攻撃を仕掛けます。連続攻撃の剣術なのでどんどん攻撃を連続して繰り出していくと、威力の強さが増していくのが拾ノ型 生生流転の特徴となっています。

炭治郎はかなりの強さを持つ下弦の鬼の頑丈な糸を拾ノ型 生生流転を使って切断しています。拾ノ型 生生流転は強さとかっこよさを兼ね備えている技なので、多くの鬼滅の刃ファンの方がお気に入りの技だと言っています。鬼滅の刃には他にも様々な技が登場してかっこいいバトルシーンを見せてくれます。鬼滅の刃が好きだという方は他の技も詳しく知って更に鬼滅の刃について楽しんでみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました