日の呼吸全てが「ヒノカミ神楽」ということになります

未分類

日の呼吸全てが「ヒノカミ神楽」ということになります

よね? なぜ炭治郎の家に受け継がれてるのでしょうか? 緑壱と炭治郎の先祖が仲良かったような描写はあったけど、炭治郎の先祖に耳飾りを渡したシーンなんてありましたっけ? あと、なぜ炭治郎の家にヒノカミ神楽を踊る事が先祖…

鬼滅の刃のヒノカミ神楽の技一覧について見ていきます。

日の呼吸の派生で、もともとは竈門家に代々伝わるヒノカミ様を祀る「神楽の舞」で、それを炭治郎が「ヒノカミ神楽」として応用し戦いに活用していたということです。

炭治郎の耳飾りが話題になっていますが、反論として「花札なのに」というものが多く見られます。 あれって花札なんですか?敵に「花札のようなもの」とは確かに言われていますが、炭治郎はヒノカミ神楽の継承者ですよね? 神楽…

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

日の呼吸全てが「ヒノカミ神楽」ということになります。

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。
炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

それでそこのコメ欄で「これは著作権の侵害だから消してください」みたいなことが書かれてたんです。そこで僕がふと疑問に思ったのが、TikTokでよく鬼滅の刃のヒノカミ神楽のシーンの模写やヒロアカのアニメのシーンの模写を…

ベストアンサー:5巻40話 [ヒノカミ] ヒノカミ神楽 円舞(えんぶ) 7巻61話 [狭所の攻防] ヒノカミ神楽 碧羅の天(へきらのてん) 9巻77話 [轟く] ヒノカミ神楽 …

コメント

タイトルとURLをコピーしました