栗花落カナヲつゆりかなを

未分類

栗花落カナヲつゆりかなを

胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『蟲の呼吸』を使う蟲柱。
薬学に精通しており、鬼殺隊の隊士たちの治療も行っている。炭治郎の同期の剣士である栗花落カナヲはしのぶの継子(弟子のようなもの)である。炭治郎たちにも大きく影響を与えた人物である。

栗花落カナヲのみが行使できる、特殊な絶技。
身体機能を活性化させる“全集中の呼吸”の血流を、更に眼球へと収束する事で、カナヲの超視覚(静止/動体視力)をブースト・アップさせる技。
行使している間は、相手の動きがスローモーションのように映る……認識時間そのものが拡張していることから、脳内麻薬を意図的に過剰分泌させての、非常意識状態への強制移行も推察される。
これらによって得られる超速反応によって、より的確な“後の先”を取るという、絶大なメリットを享受できる。
ただし言うまでもなく、カナヲの視神経が受ける負荷も甚大であり、網膜血管が破裂寸前まで拡張して、強膜が彼岸花の如く朱に染まるほど。このため技の使用時間に比例して、失明のリスクが高まっていく。

でも栗花落カナヲの心が無になった理由には「過去の出自」が関係してる。

姉妹に出会うまでは名前すら与えられておらず、「栗花落」という苗字はいくつかの候補の中からカナヲ本人が決めたものであり、カナエとしのぶの「胡蝶」以外にはアオイの「神崎」、「久世(くぜ)」「本宮(もとみや)」などが候補に挙がっていた(19巻大正コソコソ話より)。

胡蝶カナエ(こちょう カナエ)は『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼殺隊の最高戦力の一人である蟲柱・胡蝶しのぶの姉。すでに故人であり、基本的に回想シーンでのみ登場する。
自身も鬼殺隊に所属し、生前は年若いながら優れた剣士として活躍。現在の妹と同じく柱にまで上り詰めるも、上弦の弐・童磨に敗れて死亡した。享年十七。
非常に優しい人物で、人食いの怪物と成り果てた鬼たちをも救うことを望んでいた。出番は限られているものの、その生き様は妹のしのぶや引き取って育てていた栗花落カナヲに強い影響を与えている。

プリ画像には、栗花落カナヲの画像が1,800枚
、関連したニュース記事が9記事
あります。
また、栗花落カナヲで盛り上がっているトークが25件あるので参加しよう!

栗花落カナヲ(つゆり かなを)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。主人公である炭治郎の同期の剣士の一人。柱に才能を認められた継子であり、蟲柱の胡蝶しのぶに師事している。『花の呼吸』の使い手であり、並外れた視覚を有している。

炭治郎と同期入隊の少女剣士・栗花落カナヲ(つゆりかなを)。身長・体重は2回明らかにされており、身長は152cm→156cm、体重は44kg→46kgと成長がみられます。
出身地は東京府 本所區(ほんじょく)で、現在の墨田区 向島にあたる下町生まれのようですね。好きなものはアオイが作ったもの全部とラムネ、趣味は朝から晩までシャボン玉だそう。
隊服は長袖の上着に膝丈のスカート、白いロングブーツと洋風の出で立ちです。作中では隊服の上に羽織を羽織っている隊士が多いですが、彼女はピンクの紐飾りがついた白いマントを羽織っています。サイドに髪をまとめている髪飾りは、しのぶの姉・カナエの形見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました