水柱冨岡義勇とみおかぎゆう

未分類

水柱冨岡義勇とみおかぎゆう

だから「俺は水柱になっていい人間じゃない。そもそも柱たちと対等に肩を並べていい人間ですらない。俺は彼らとは違う。本来なら鬼殺隊に俺の居場所はない」と炭治郎に語るなど、義勇の性格は卑屈さ全開。

使用する呼吸:水の呼吸日輪刀の色:青年齢:物語開始時19歳 → 再登場時21歳身長:176cm体重:69kg出身地:東京府 豊多摩郡 野方村(現:中野区 野方)趣味:詰め将棋好きな物:鮭大根主人公である炭治郎が初めて出会った鬼殺隊士であり、水柱である。左右で柄が違う羽織を着用している。炭治郎が鬼舞辻無惨に家族を惨殺され、鬼となった禰豆子と山を降りようとした時に現れた。鬼となった禰豆子を問答無用で斬り捨てようとしたが、炭治郎の決死の行動と、鬼になっても自分を律して人を喰べようとしない禰豆子を見て刀を収める。そして二人を鬼殺隊の隊員を育てる『育手』の鱗滝左近次のもとへ導く。義勇も鱗滝に師事している。鬼に家族を殺され、天涯孤独となっていたところを鱗滝に拾われて鬼殺隊に入った。表情に起伏がない上に無口。そして単独行動を好む。その協調性の無さから、他の柱に嫌われているらしい。こういった行動は、義勇の過去の経験に原因がある。クールな義勇だが、どこか抜けている一面を持っている。蟲柱である胡蝶しのぶから、他の柱から嫌われていることを告げられた時は、「俺は嫌われてない」と否定し、全く自覚していなかった。ナチュラルに煽ってしまうこともあり、柱の中でも凶暴な不死川実弥とは揉めることが多かった。しかし、義勇は「俺は上手く喋れなかったし、不死川はずっと怒っていたから」と言い、原因を把握していなかった。嗅覚に優れる炭治郎が不死川の好物がおはぎだと見抜いた時には、「今度から懐におはぎを忍ばせておいて、不死川に会う時あげようと思う。そうしたらきっと仲良くなれると思う」と発言して笑った。そんなキャラではない実弥にそんなことをしたら揉めるのは必至である。炭治郎と同じく鱗滝左近次に師事しており、炭治郎の兄弟弟子である。『水の呼吸』は本来十の型しかないが、義勇は独自に『拾壱ノ型 凪』を編み出している。

鱗滝左近次(うろこだき さこんじ)とは、『鬼滅の刃』の主人公竈門炭治郎の師で、かつて鬼殺隊最高位の剣士の一人・水柱として活躍した人物。
常に天狗の面をつけた小兵の老人。現在は現役を引退し、後進の育成を務める“育手”という役職につき、現水柱の富岡義勇や、錆兎や真菰など多くの剣士を育てる。自身も今なお剣士として色褪せない実力の持ち主である。物言いは峻厳だが非常に情の深い人物で、富岡からの手紙一つで複雑な立場にある炭治郎と禰豆子の後見を引き受け、自らの下を巣立った後も彼らを見守り続ける。

TVアニメ『鬼滅の刃』より、「冨岡義勇」がフィギュアーツZEROに登場。
クリア成型と躍動感ある造形で、印象的な水の呼吸の演出を立体化。
着物の柄や日輪刀の彫り文字など、細部まで忠実に再現。
水柱・冨岡義勇の、凛々しい表情を再現。

他柱や炭治郎達と共に無限城に飛ばされた義勇は、炭治郎と共に猗窩座と対峙します。そしてギリギリの戦いの中で義勇は痣を出現させ、炭治郎と力を合わせ猗窩座の討伐に成功しました。その後鳴女により瞬間移動させられ、突如無惨と相対する義勇。
無惨を陽の光に当てるため、義勇は決死の覚悟で時間を稼ぎます。隊士が次々と凄惨な死を遂げる中、彼は「水柱として恥じぬ戦いを」と考えていました。その後無惨の強烈な攻撃によって左腕が斬れ戦闘不能になってしまう義勇ですが、覚悟を決め無惨を刀で貫く炭治郎の日輪刀を共に握ります。
義勇によって赫刀となった刀で固定することで、無惨に日光を浴びさせる義勇。その後も鬼化してしまった炭治郎を、せめて炭治郎のまま最期を迎えさせようと奮闘する姿も描かれています。
最終決戦では彼の無口でありながら優しい性格が、よくわかる戦いを見せていました。

冨岡義勇(とみおか ぎゆう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『水の呼吸』を使う水柱。炭治郎が初めて出会った鬼殺隊の剣士である。禰豆子を生かし、炭治郎を鬼殺隊へと導いた人物である。炭治郎と一緒に無惨を倒すために刃を振るう。

一方、「最終選別で錆兎を失ったこと」は冨岡義勇のその後の人生に影を落とす。冨岡義勇が直接的な原因となって錆兎は死亡したわけではないですが、義勇の中では「水柱は錆兎こそ相応しい」と今でも考えてる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました