漆ノ型 雫波紋突きは 2巻16話で初登場する技です

未分類

漆ノ型 雫波紋突きは 2巻16話で初登場する技です

この記事では、全集中・水の呼吸「漆ノ型 雫波紋突き・曲」の読み方や登場シーン、英語名などについてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?水の呼吸「漆ノ型 雫波紋突き」は最速を誇る突き技で、炭治郎が使った「漆ノ型 雫波紋突き・曲」はその派生技でした。技の詳細や読み方を知ることで、より『鬼滅の刃』の世界に浸かることができるでしょう!

水の呼吸「漆ノ型 雫波紋突き・曲」は、技名だけでなく、エフェクトもかっこいいと評判です。浮かび上がる波紋の数々を見ると、美しさを感じざるを得ません。登場回数は少ないものの、ファンからは好評な技です。

また、この回で使用されたのは、「漆ノ型 雫波紋突き・曲」という変形技で、斜めから曲線で突くことによって、手毬の威力を落とすことに成功しました。エフェクトとしては、雫が水面に落ち、静かな波紋が広がる様子を描いており、波を立たせないように一か所に鋭く切り込んでいることが分かります。

漆ノ型 雫波紋突きは、2巻16話で初登場する技です。「水の呼吸」の中でも最速の技と言われており、名前の通り斬るのではなく突くように技を繰り出します。

水の呼吸「漆ノ型 雫波紋突き・曲」は、とても長い技名ですが、口に出して言いたくなるような魅力があります。技名の響きが良かったり、かっこいいと、技自体の評価も上がりますよね!

「牙突零式(がとつぜろしき)」とは、ジャンプ作品の大先輩『るろうに剣心』に登場する技です。使用者は新撰組の三番隊組長・斎藤一(さいとう はじめ)。その威力は凄まじく、至近距離で発動すると、相手の上半身が吹き飛んでしまうほどだとか。『鬼滅の刃』の「漆ノ型 雫波紋突き・曲」とはまた違った強さ(恐ろしさ)がありますね…!

炭治郎の使用した技のひとつ、漆ノ型・雫波紋突き・曲(しちのかた・しずくはもんづき・きょく)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました