炎の呼吸の壱ノ型である「不知火」とは簡単に説明すると「居合」です

未分類

何故炎の呼吸の剣技は参ノ型が披露されていないのでしょうか

炎の呼吸に限らず、鬼殺隊の隊士が使っている呼吸というのは元々一つの呼吸から派生して誕生したものだという事が現在明らかになっています。「日の呼吸」とは鬼を斬るために編み出された最強の剣術で、全ての呼吸は日の呼吸のまがい物等と言われており日の呼吸から派生して生み出されました。日の呼吸が派生して出来た呼吸は「炎・水・雷・岩・風」の5属性だそうです。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の主人公ともいえる煉獄杏寿郎。大スクリーンに映り出される炎の呼吸のは、漫画では表現できない程の迫力でしたね。

煉獄杏寿郎はかなりの強さを持っている隊士で、煉獄杏寿郎の強さとしてはまず炎の呼吸が他の呼吸と比較しても攻撃力が抜群に高いという点です。煉獄杏寿郎の使う技はどれも強力で、特に奥義として放った技に関しては上弦の参という最強クラスに強い鬼の身体を破壊し左腕を引きちぎる寸前まで持っていく程の破壊力を持っていました。奥義だけでなく他の型の技も、上弦の鬼の身体を引き裂いてしまう威力が有ります。

昇り炎天は弐ノ型として使われている炎の呼吸の剣技です。昇り炎天は円を描くように剣を下から上へと振り上げて切りつける技となっています。昇り炎天は破壊力抜群で、作中では最強クラスに強い鬼の腕を一瞬で真っ二つにしていました。昇り炎天も剣に炎が纏われているので、剣を振るった軌跡には炎が発生しているので満月の様な円が見えます。かなりかっこいい型・技です。

煉獄杏寿郎は鬼滅の刃の作中に登場するキャラクターの中では「柱」として登場します。炎の呼吸の使い手として「炎柱」に就任している煉獄杏寿郎は、柱の中でもトップクラスの戦闘力を持っている人物で、攻撃力は他の呼吸の使い手である柱と比較してもずば抜けています。煉獄杏寿郎の一族は代々炎の呼吸の使い手であり、炎柱に就任してきた人間ばかりです。煉獄杏寿郎の父親は歴代の炎柱の一人で生きたまま除隊出来ています。

凛々しく敵に立ち向かう煉獄杏寿郎を、勢いのあるエフェクトと共に表現。熱く燃える炎の呼吸が、クリア成形と躍動感ある造形で再現されている。印象的な羽織や日輪刀など、細部まで忠実に造形しているかなりのレアフィギュア。鬼滅の刃ファンなら是非入手したいですよね。

壱ノ型とはどんな呼吸の剣技では基本となっている最もポピュラーな技・型です。炎の呼吸の壱ノ型である「不知火」とは簡単に説明すると「居合」です。不知火は刀を鞘に納めた状態から放つ一閃で、放たれる一閃には炎の呼吸が乗っているので、刀には炎が纏われています。不知火は刀を鞘に納め、その後猛スピードのダッシュを行って相手との間合いを詰めて一気に放ちます。

なななんと『鬼滅の刃』炎柱の煉獄杏寿郎がバンダイスピリッツのポージングフィギュア「フィギュアーツZERO」に登場することが決まった。「フィギュアーツZERO 煉獄杏寿郎 炎の呼吸」(8,250円/税込)として、2021年4月に発売との事。

炎の呼吸の剣技で参ノ型が登場していない事について調査してみた結果、登場していない理由は不明となっています。炎の呼吸の使い手であった柱は、既に鬼滅の刃の作中で死亡してしまっているので、現在炎の呼吸を使って戦うキャラクターは活躍していません。参ノ型がどんな剣技となっているのか気になるファンは、死亡した炎の呼吸の柱の身内がまだ生きているので、隊士として活躍して参ノ型を披露するのを期待しておきましょう!

炎の呼吸の使い手として柱に成っていた煉獄杏寿郎の最期というのは、現在の鬼滅の刃の作中でご覧になれた最後の炎の呼吸の使い手の戦闘シーンです。煉獄杏寿郎の最期は上弦の参という位にランクインしている鬼「アカザ」との戦闘でした。煉獄杏寿郎はアカザと戦闘した際に死亡しており、炎柱は煉獄杏寿郎が死亡した事で継子がおらず、炎柱は継承されないまま煉獄杏寿郎を最期に途絶えてしまいました。

鬼殺隊の中には「柱」と呼ばれている存在が登場します。柱とは鬼殺隊を支えている幹部の様な人間で、各流派の剣技を極めた人間たちが柱へと就任します。柱と呼ばれている人間は全ての呼吸の流派に存在している訳ではありません。柱に相応しい実力を持つ人間だけが柱となる事が可能で、炎の呼吸の柱はいつの時代でも柱が存在していたので、鬼殺隊の中ではエース級となっています。

つまり炎の呼吸は日の呼吸から生み出された剣術で、他にも基本の5属性から更に派生した「霞・音・恋」などの面白い呼吸も有ります。炎の呼吸から派生して作られた呼吸というのは「恋の呼吸」が存在しています。恋の呼吸とは甘露寺という女性が柱として扱っている剣術で、元々甘露寺は煉獄杏寿郎という炎柱の弟子だった人物です。そんな事も有り、炎の呼吸を独自に派生させて恋の呼吸が生み出されているようです。

炎の呼吸の剣技は現時点では鬼滅の刃の作中で「参ノ型」は描かれていません。他の呼吸の剣技というのは壱ノ型から始まり、奥義まで全ての剣技が有ります。しかし炎の呼吸の剣技は壱ノ型・弐ノ型と使い手が披露した後に、いきなり肆ノ型・伍ノ型と使用され最後に奥義が登場しています。何故炎の呼吸の剣技は参ノ型が披露されていないのでしょうか。

炎の呼吸が玖ノ型までありますが、陸・漆・捌ノ型の3つは発表されていません…。

炎の呼吸は全集中の呼吸の中でも爆発的な攻撃力を持っている流派で、作中では煉獄杏寿郎というキャラクターが使用していました。煉獄杏寿郎は炎柱という最高ランクの剣士で、作中で壱ノ型・弐ノ型・肆の型・伍の型・奥義の5種類の技を披露しています。炎の呼吸はどの技も攻撃力が高いという特徴があり、特に奥義である煉獄という技に関しては、上弦の参というとんでもない強さの鬼に大ダメージを与える程の威力でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました