炎柱煉獄杏寿郎れんごくきょうじゅろう

未分類

炎柱煉獄杏寿郎れんごくきょうじゅろう

煉獄さんは、幼少の頃に授かった母からの教えを胸に、鬼殺隊に入って鬼と戦い続けて、最上級剣士の炎柱まで上り詰めました。

煉獄槇寿郎(れんごく しんじゅろう)とは、『鬼滅の刃』の登場人物で、かつて鬼殺隊の最高戦力の一人・炎柱として力を振るった剣士。
現炎柱の煉獄杏寿郎、その弟の千寿郎の父であり、見た目は二人によく似ている。優れた剣士だったが、ある時を境にすっかり気力を失い、現在は酒浸りの日々を送る。原因は一族に伝わる古文書に記されていた、鬼殺隊の根幹にも関わるとある剣士の存在にあり、その謎を追う主人公・竈門炭治郎とも関わっていく。
現役時代の活躍で、作中の重要人物を含む多くの者の運命を転変させている。

煉獄杏寿郎とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『炎の呼吸』を使う炎柱。正義感に溢れ、人間を鬼から守ることが自身の責務だとする男。その強さと行いから大きな信頼を得ている。炭治郎たちに大きく影響を与えた人物である。

吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の登場人物。
鬼殺隊を支える最上級隊士である“柱”の一人。「炎柱(えんばしら)」の称号を持つ。
炭治郎が初めて対面した際は、鬼である禰豆子と彼女を連れている事に対する処遇について「裁判の必要などないだろう!鬼を庇うなど明らかな隊律違反!」とした上で、「鬼もろとも斬首する!」と溌剌とした口調で即断した(この後については後述)。
その一方で処遇が決定した直後に、この時点で隊士としては最下級の癸でありながら大言壮語を口にした炭治郎に他の柱達が失笑する中、一人だけ「いい心掛けだ!」とその意気を買っていた。

父に元炎柱の煉獄槇寿郎、母に瑠火、弟に煉獄千寿郎がいる。父の槇寿郎は、かつては尊敬すべき父親だったが、自身の無能さに打ちひしがれた事と(詳しい理由はわかっていないが、呼吸の源流である『日の呼吸(ヒノカミ神楽)』に大きなコンプレックスを持っている。)、妻である瑠火が病死してしまった事から、剣を捨て、酒に溺れてしまう。それ以降、2人の息子にきつく当たるようになってしまう。杏寿郎の遺言を知らせにきた炭治郎の前で「大した才能も無いのに剣士などなるからだ!だから死ぬんだ!くだらない…愚かな息子だ杏寿郎は!」と言って杏寿郎を冒涜する。そして炭治郎が『日の呼吸(ヒノカミ神楽)』の使い手だと気付き、炭治郎に殴りかかる。それを千寿郎が止めようとするが、千寿郎さえも殴りつける。その横暴に激怒した炭治郎と取っ組み合いの喧嘩となる。父親らしからぬ態度をとっていた槇寿郎だったが、「体を大事にしてほしい」という杏寿郎の遺言を聞いた後には涙を流した。その後、自身の行動を反省し、炭治郎に謝罪の文を送った。無惨が産屋敷邸に攻めて来た時には、産屋敷家の新たな家長である輝利哉の警護に当たっている。

使用する呼吸:炎の呼吸日輪刀の色:赤誕生日:5月10日年齢:20歳身長:177cm体重:72kg出身地:東京府 荏原郡 駒沢村(現:世田谷 桜新町)趣味:能や歌舞伎、相撲観戦好きな物:さつまいもの味噌汁炎の呼吸の使い手で、炎柱。先端が赤みがかった、炎のような色合いの金髪の持ち主。炎を模した羽織を着用している。明朗快活を絵に描いたような、溌剌とした快男児。むしろ真っ直ぐすぎて少しズレてさえもいる。物語が始まる数年前に鬼殺隊に入隊し、初任務では九人もの剣士を返り討ちにした鬼を討伐。炭治郎が最終選別に挑む前には当時の下弦の弐・佩狼を討ち取り、その功績で炎柱となっている。炭治郎が鬼となった禰豆子を連れていることが議題となった柱合会議で、本編に初登場。無惨を倒すと息巻く炭治郎に、産屋敷耀哉が「今の炭治郎にはできないからまず十二鬼月を一人倒そうね。」と冷静にツッコミをいれた時、ほとんどの柱が笑いを堪えていたが、煉獄だけは「うむ!いい心掛けだ!」と感心していた。その後、“ヒノカミ神楽”のことを聞きにきた炭治郎に「うむ!そういうことか!だが知らん!“ヒノカミ神楽”という言葉も初耳だ!この話はこれでお終いだな!」と即座に話を終了させた。そして、会って間もないにも関わらず「俺の継子になるといい。面倒を見てやろう!」と炭治郎を継子へと誘った。剣士としての腕前は超一流。煉獄が敗死した際には、多くの柱たちがその事実を簡単には信じられずにいた。40人以上の乗客が失踪し、調査のために送り込んだ鬼殺隊の剣士たちも次々と行方を断った無限列車の謎を暴くため、炭治郎、善逸、伊之助の三名と共に同列車に乗り込む。そこに潜んでいた十二鬼月が一人、下弦の壱である魘夢と交戦。自らは乗客を守る役目に専念し、炭治郎と伊之助にこれを討ち取らせることに成功した。その直後、上弦の参・猗窩座の襲撃を受け、炭治郎たちと乗客を守るために奮戦。自身は致命傷を負うものの猗窩座を撤退に追い込み、その場にいた全ての人々を守り切る。家族に向けた遺言を残すと、炭治郎たちに「もっと強くなって、今度は君たちが柱となれ。君たちを信じる」と告げて死亡した。この一連の戦いは煉獄の最大の見せ場でもあり、2020年に『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』として映画化され、社会現象と呼ばれるほどの大ヒットを記録した。その鮮烈な生き様と高潔な志は炭治郎たちに強い影響を与え、死した後も彼らの心を奮い立たせ続けた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました