獣の呼吸 思いつき投げ裂き

未分類

獣の呼吸 思いつき投げ裂き

直線的な攻撃を放って戦っていることが多い伊之助が独自に編み出した獣の呼吸の型・牙一覧としては「漆ノ型 空間識覚」があります。野生児として育った伊之助は、大気中のわずかな振動を捉えることができるという優れた触角を持っていました。その触角を研ぎ澄ますことで広範囲の索敵が可能となります。この技によって那谷蜘蛛山において複雑な戦いの中で鬼の本体を見つけるために貢献していました。

そのため、独自で編み出した獣の呼吸による技においても自分なりのこだわりによって呼び方を分けていたのです。攻撃性がある技においてはより荒々しく攻撃性のある印象を与えるために「牙」という言葉を使用して呼んでいました。

鬼滅の刃で熱い闘志を持っている伊之助が独自に編み出した獣の呼吸の型・牙一覧としては「陸ノ牙 乱杭咬み(らんぐいがみ)」をあげることができます。引き裂く攻撃となっており、ギザギザの二本の日輪刀をのこぎりのように勢いよく引いて大きなダメージを与えていました。単純な攻撃であるものの伊之助が放つ攻撃の中では最強の攻撃力を放っています。

猪のマスクを被って戦っている伊之助が扱っている獣の呼吸について、我流なのが良い、かっこいいと感想を寄せている人もいました。野生児として育った伊之助は野山を駆け巡りながら過ごしてきたため、身体中が鋭い感覚を持つようになります。敵が殺意を込めて見つめているだけで皮膚がヒリヒリしてしまうほどの鋭い感覚を持っていたのです。

鬼滅の刃でおだてに乗りやすい可愛らしい性格を持っている伊之助は、風の呼吸に一番近いといわれている獣の呼吸を独自に編み出した人物となっています。獣の呼吸は何から派生した呼吸なのかは明らかになっていませんが、性質から分析すると風の呼吸が一番近いようです。技においては型・牙の一覧など他の鬼殺隊の隊士とは違ったオリジナルの呼び方をしていました。

鬼滅の刃で伊之助が使用している獣の呼吸での技は、10個+思い付きの1個の合計11個存在していました。風の呼吸に一番近いといわれている獣の呼吸の型・牙の一覧にも注目が集まっていますが、型・牙の一覧には攻撃系が8個、回避系が1個、探知系が1個、思いつきが1個存在しています。攻撃系は「○○ノ牙」と表現され、探知系や回避系は「○○ノ型」、思いつきの技は「思いつき○○」と呼ばれていました。

嘴平伊之助
獣の呼吸はオリジナルの呼吸であるため、伊之助以外に使い手は存在しません。

美しい素顔を持っている伊之助が独自に編み出した獣の呼吸の型・牙一覧としては「玖ノ牙 伸・うねり裂き」があります。野生児として育った伊之助は関節が非常に柔らかく、全て外すことができました。関節を外すことで腕を長くすることができた伊之助は、遠くの鬼まで斬ることができたのです。猪のマスクのおかげで鬼にも悟られずに攻撃することができました。

鬼滅の刃で獣の呼吸は何が派生した呼吸?と注目を集めていますが、獣の呼吸を使用して扱うことができる技には、「型」と呼んでいる技と「牙」と呼んでいるものの二種類がありました。少しボケかけていたたかはるの祖父からエサをもらったり、百人一首を読み聞かせしてもらったりしていた伊之助は、人間らしく言葉を話すことができるようになりました。

どのような状況でもひたすら真っすぐに突き進む伊之助は、独自に編み出した獣の呼吸を使用して鬼殺隊の隊士として活動していました。全集中の呼吸が扱えるように鬼殺隊は訓練していきますが、呼吸法には自然のものが多く「岩、水、雷、風、炎」が基本とされています。それ以外の呼吸法は全てこの5種類の基本の呼吸法から派生したものとされていました。

鬼滅の刃で幼少期に母親に捨てられた伊之助は猪に育てられていますが、本能的に強さを求める傾向があったために森の中での野生児の生活が性に合っていたようです。野山を駆け巡り、強い相手を求めて戦い続ける伊之助は登場当初はそれほど強くはありませんでした。さらに、獣の呼吸を使用した際にも我流といい放っているため、鬼殺隊の隊士が育手を介して呼吸法を会得しているのにも関わらず自分で編み出してしまったのです。

動物の全てを食用だと勘違いしてしいる伊之助が独自に編み出した獣の呼吸の型・牙一覧としては「参ノ牙 喰い裂き」があります。二刀流使いの伊之助は、二本の刀を交差させて左右に切り払う技を繰り出して鬼と戦っていました。十二鬼月の復活を願って稀血(まれち)を集めていた響凱(きょうがい)と戦っている際に放っていた攻撃となっています。

獣の呼吸には、伊之助の人並外れた柔軟性や、ミツアナグマのように丈夫な肌、全身の関節を自由に外したり、戻したりできるという伊之助の特技を生かした技が多く存在します。
あまりに人間離れした技の数々は、伊之助以外に使いこなす者はいないでしょう。
意外性あふれる技を受けた敵は、そのトリッキーさに翻弄されます。

獣の呼吸はそのまま読むと「けもの」となるのですが、「ケダモノ」と読みます。

鬼滅の刃で独自に編み出した獣の呼吸を使用して戦っている伊之助が活用している空間識覚という技がかっこいいと感想を寄せている人もいました。荒々しい攻撃に関しては「牙」という表現をしている伊之助でしたが、空間識覚は攻撃の技ではありません。野性的な感覚が鋭い伊之助だからこそ出来る、広範囲の索敵ができる技となっていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました