現代編にて 子孫の嘴平青葉が登場

未分類

嘴平伊之助の読み方は はしびらいのすけ

現代編にて、子孫の嘴平青葉が登場。伊之助はアオイと結婚し、家庭を築いたようです。青葉の見た目は、伊之助に瓜二つ。山で暮らしたいという発言からも、伊之助の血を感じます。

藤の家のお婆さん(本名:ひさ)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、かつて鬼殺隊に命を救われた“藤の花の家紋の一族”の人間。名字は不明。
鬼殺隊は人食いの怪物・鬼を狩るために活動しており、命を救われた恩返しに一族を上げてこれをサポートしている。彼女自身は屋敷一つの管理を任されており、療養のために訪れた竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助を迎え入れ、後に鬼殺隊の重要な戦力となっていくこの三人が打ち解ける最初のきっかけを作る。特に伊之助には少なくない影響を与えた。

嘴平伊之助の魅力を解説する前に、ゲインロス効果について簡単に解説をします。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とは、吾峠呼世晴原作によるアニメ映画作品。同氏の描いた『鬼滅の刃』54話から66話までの内容を映画化したものである。
大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、唯一の生き残りであり自身も鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士の一人煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。

転載元:YouTube「TVアニメ「鬼滅の刃」嘴平伊之助スペシャルPV」

アニメ『鬼滅の刃』より、「嘴平伊之助」のねんどろいどが再販決定!交換用表情パーツには「通常顔」のほか、猪の頭を脱いだ「素顔」、荒々しい伊之助らしく食べかすもついた「もぐもぐ顔」が付属。オプションにはもぐもぐ顔に合わせたい鷲掴みにしたエビの天ぷらと獣の呼吸を再現するエフェクトが付属します。その他の手足のパーツも組み合わせ次第でいろいろな伊之助を再現できますので、お好みのポーズでお楽しみください。

嘴平琴葉(はしびら ことは)とは、大正時代を舞台とする吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主要人物の一人・嘴平伊之助の母親である。
おっとりとした雰囲気の可憐な女性で、伊之助の顔立ちは母親譲り。十代で結婚して伊之助を産むも、夫からの暴力に苦しみ、ある時ついに婚家を飛び出して新興宗教「万世極楽教」へと逃げ込む。万世極楽教の教祖・童磨から気に入られてその手元に置かれるものの、彼の正体が人食いの怪物・鬼であることを知ってしまう。なんとか伊之助を逃がすも、自身は童磨に殺害された。

今回は、鬼滅の刃に登場する「嘴平伊之助(はしびらいのすけ)」のかっこいい魅力や、多くの女性をファンを惹きつける人気の理由を心理学のゲインロス効果を用いて解説していきます。

鬼滅の刃にて猪の頭を被りとても個性的な見た目をしている嘴平伊之助(はしびらいのすけ)は、物語で主人公炭治郎と行動をともにする重要な役所を担っています。 そんな彼の素顔が可愛いと話題なんです。

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

嘴平伊之助の読み方は、はしびらいのすけ。炭治郎と同期の鬼殺隊士。常に猪の頭を被る不思議な風貌で、好戦的な性格をしている。山育ちで触覚が鋭く、視界に入っていないものでも居場所を捉えることができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました