竈門家に代々伝わる神事 ヒノカミ神楽

未分類

ここではヒノカミ神楽の型や技についてまとめています

テレビアニメ版でヒノカミ神楽を最初に使った那谷蜘蛛山での下弦の伍「累(るい)」との戦いでは「竈門炭治郎のうた」というBGMが流れます。

今回は、日の呼吸であるヒノカミ神楽とはどのようなものなのかご紹介していきます。

上弦の肆である半天狗に対して使用した。ヒノカミ神楽唯一の突き技。天井裏へ逃げた半天狗をこの技で追い打ちした。

その後、那田蜘蛛山の戦いで「ヒノカミ神楽」を使ったのを、最初にヒノカミ神楽を使うことも増えた炭治郎。

竈門家に代々伝わる神事、ヒノカミ神楽。炭治郎は水の呼吸とともにこのヒノカミ神楽(日の呼吸)を使って鬼と戦います。

踊りを動画で見てみると「ドンシャン」という音や勇ましい踊りはヒノカミ神楽を舞う炭治郎の父を彷彿とさせます。かっこいいです。

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。
炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

日の呼吸と元々言われていたものがヒノカミ神楽に名前を変えて、炭治郎の時代まで引き継がれているのはなぜでしょうか?

ヒノカミ神楽で斬られた鬼たちの多くは、斬り口がすぐに再生できずにひどい痛みに苦しみます。彼らにとって多大なダメージを受ける技であることが推察されます。

ここではヒノカミ神楽の型や技についてまとめています。

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。
炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

主人公である竈門炭治郎が使用している呼吸法の一つである「ヒノカミ神楽」

この歌が、「ヒノカミ神楽」の歌、だと認識され世間に広まっていたようです。

ヒノカミ神楽を習得して初めて出した技。

どれ一つ欠けても完成しなかった「ヒノカミ神楽」はまさしく繋がれた縁による最強で最後の型だったんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました