竈門炭治郎かまどたんじろう

未分類

竈門炭治郎かまどたんじろう

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

・竈門炭治郎はどうして鬼にされた?

真菰(まこも)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎の姉弟子に当たる少女。
狭霧山での修行中、師・鱗滝左近次に「岩を斬れ」と無理難題を命じられたあげく、どこからか現れた錆兎に叩きのめされた炭治郎の前に現れる。作中に登場する身体強化術「全集中の呼吸」について彼に教授し、その成長を促す。後に彼女もまた鱗滝の弟子で、すでに死亡していることが明らかとなり、そうとは知らず交流していた炭治郎を驚かせた。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とは、吾峠呼世晴原作によるアニメ映画作品。同氏の描いた『鬼滅の刃』54話から66話までの内容を映画化したものである。
大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、唯一の生き残りであり自身も鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士の一人煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。

煉獄槇寿郎(れんごく しんじゅろう)とは、『鬼滅の刃』の登場人物で、かつて鬼殺隊の最高戦力の一人・炎柱として力を振るった剣士。
現炎柱の煉獄杏寿郎、その弟の千寿郎の父であり、見た目は二人によく似ている。優れた剣士だったが、ある時を境にすっかり気力を失い、現在は酒浸りの日々を送る。原因は一族に伝わる古文書に記されていた、鬼殺隊の根幹にも関わるとある剣士の存在にあり、その謎を追う主人公・竈門炭治郎とも関わっていく。
現役時代の活躍で、作中の重要人物を含む多くの者の運命を転変させている。

それは、遊郭編で「もし俺が鬼に堕ちたとしても必ず鬼殺隊の誰かが俺の頸を斬ってくれるはず」と炭治郎が語っていたり無惨との最終決戦では右目を怪我して気絶していた炭治郎が意識を取り戻して再び無惨の前に立った時「醜い姿だ、これではどちらが鬼かわからないな竈門炭治郎」と言われています。

吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』の主人公。
遍く万象を照らす日輪を心に宿した少年。
竈門家の長兄として、父である竈門炭十郎亡き後の家族の大黒柱となって家業である炭焼きを営み、つつましくも幸せな生活を送っていた。
しかしある日、いつものように麓の町へと炭を売りに降り、いつものように山の家へと帰ろうとした夕暮れ、知り合いの老人である三郎爺さんに引き止められる。
老人曰く、「日が暮れると人喰い鬼がうろつき出す」と。
孤老が寂しさ故に御伽噺を口にして自分を引き止めたのだと思い、素直にその家に泊まった翌朝。
その後炭治郎の家族は惨殺され、唯一身体に温もりを残していた妹の禰豆子は人喰い鬼へと変貌させられていた。
妹を人間へと戻すため、また家族の仇を討つため。
血風吹き荒ぶ中、今宵もまた炭治郎は鬼滅の刃を振るう──。

家族
竈門禰豆子(竈門兄妹・竈門家)
同門・師匠(水の呼吸組)
冨岡義勇 鱗滝左近次 錆兎 真菰
専属刀匠
鋼鐵塚蛍
主人(鬼殺隊当主)
産屋敷耀哉(97代目当主)
産屋敷輝利哉(98代目当主)
同期隊士(五感組)
我妻善逸 嘴平伊之助 栗花落カナヲ 不死川玄弥
宿敵
鬼舞辻無惨
その他
継国縁壱、妓夫太郎、慶蔵…それぞれ作中にて共通点や類似が指摘されたキャラクター。
他作品で共通点のあるキャラ
ジョナサン・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険第1部)…紳士的な熱血漢で特殊な呼吸法により不死身の敵と戦うなど共通点が多い。
アスタ(ブラッククローバー)…彼と同様に明るく朗らか真面目で礼儀正しく熱い性格で黒い刃の剣を使う。
練白龍(マギ)…過去に火傷を顔に負った経緯から跡が残る相似点を持つ。
脹相(呪術廻戦)…彼と同じような長男(お兄ちゃん)力と兄弟への使命感を持つ。
リドル・ローズハート(ツイステッドワンダーランド)…中の人、悪堕ち、首を刎ねる、暗い過去繋がり。ゲーム中のイベント「ゴーストマリッジ」で炭治郎を思わせるシーンあり。
松野おそ松(おそ松さん)…主人公、長男、中の人(新おそ松の場合。通常版は水柱 と同じ。)繋がり。劇中で鬼滅パロディが含まれている。

鋼鐵塚蛍(はがねづか ほたる)とは、『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼を狩るための組織・鬼殺隊に協力する刀鍛冶の一人。
鬼を斬るための刀を専門的に作る“刀鍛冶の里”で生まれ育ち、これを鬼殺隊に収めることを生業とする。職人としての腕は確かで、何か一つの作業に打ち込むと誰かが自分に向かって刃を振るおうと気づかないほどの集中力を発揮する。一方、里でも広く知られるほど偏狭な性格をしており、自分が打った刀を竈門炭治郎が戦闘で破損した際は、「よくも俺の刀を」と包丁を構えて彼を追い回したこともある。

煉獄千寿郎(れんごく せんじゅろう)とは、『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼殺隊最高位の剣士“柱”の一員である煉獄杏寿郎の弟。
代々柱たる剣士を輩出してきた煉獄家の次男で、自身も鬼殺隊に入隊して戦うことを志すも、剣才に恵まれずその夢を諦める。兄・杏寿郎の戦死後、その遺言を報告に来た主人公・竈門炭治郎と出会い、以後手紙で彼と交流する。煉獄家歴代の剣士たちが記した文献を解読し、そこから得られた鬼殺隊に関わる重要な情報を伝えることで、炭治郎たちの勝利に貢献した。

師匠である鱗滝左近次の教わった水の呼吸をメインに扱うが、竈門家に代々伝わる厄払いの神楽とそれを舞う為の呼吸法として、ヒノカミ神楽の呼吸も扱うことができます。

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。
家族を鬼によって惨殺された竈門炭治郎。一人生き残るも鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族の仇を討つため、鬼との過酷な死闘に身を投じていく。本記事では、戦いに勝利をおさめ、平和に暮らす炭治郎たちのその後を描いた『炭治郎の近況報告書』についてまとめていく。

竈門炭吉(かまど すみよし)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎の先祖。
戦国時代の人物で、炭焼きを生業としている。山中にあった空き家に妻のすやこと住み着き、ある時人食いの怪物・鬼に襲われるも、その場に駆けつけた剣士・継国縁壱によって救われる。これをきっかけに縁壱と交流するようになり、彼が編み出した身体強化術“日の呼吸”を神楽の形で受け継ぐ。同時に縁壱の不遇な人生を知り、「せめて彼が作り出したものを遺そう」と子々孫々にそれを伝えていった。

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。
炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。
『鬼滅の刃』の原作コミックスには、表紙のイラストの他、カバー裏や扉絵、話の合間など多くのイラスト・挿絵が描かれている。この記事ではそれらの絵をまとめていく。

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。
舞台は大正時代。炭焼きの家の長男・竈門炭治郎は町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた。そして一人生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまう。炭治郎は妹を人間に戻す為、そして惨殺された家族の仇討ちの為、厳しい訓練の末に鬼狩り組織「鬼殺隊」に入隊する。炭治郎や仲間の、鬼との過酷な死闘を描く和風ダークファンタジー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました