花の呼吸の派生として 蟲の呼吸があります

未分類

花の呼吸の派生として 蟲の呼吸があります

花の呼吸はなのこきゅうの使い手は、胡蝶カナエ・栗花落カナヲとなっております。

花の呼吸のもととなる水の呼吸は穏やかで、柔軟な思考を持つ者が向いているとされます。心の声は出せずとも、優しさを秘めていた栗花落カナヲには高い適性があったのでしょう。また、故・胡蝶カナエは妹のしのぶが敬愛する、心優しい人物でした。

炭治郎と鬼殺隊同期で、蟲柱である胡蝶しのぶの継子である栗花落カナヲの使う呼吸法。胡蝶しのぶの亡くなった姉で元花柱の胡蝶カナエも花の呼吸の使い手。

栗花落カナヲ(つゆり かなを)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
主人公である炭治郎の同期の剣士の一人。柱に才能を認められた継子であり、蟲柱の胡蝶しのぶに師事している。
『花の呼吸』の使い手であり、並外れた視覚を有している。

「花の呼吸(はなのこきゅう)」とは、鬼殺隊士が用いる呼吸法で、炎、風、岩、雷、水の基本の5つの呼吸のなかで、水の呼吸の派生です。花の呼吸の派生として、蟲の呼吸があります。

花の呼吸とは、5大流派である水の呼吸から派生した流派です。使用できるのは栗花落カナヲと胡蝶カナエの2人です。ただ、カナエは十二鬼月に殺されてしまったため、現在扱えるのはカナヲのみです。

Flower Breathing(花はなの呼こ吸きゅう)is a Breathing Stylederived from the Water Breathing, used by the former Flower Hashira Kanae Kochoand her adoptive sister, Kanae Tsuyuri.花の呼吸は、水の呼吸から派生したもので、元花柱である胡蝶カナエと、彼女が救い義理の妹として育てた栗花落カナヲにより使われる。

陸ノ型 渦桃は空中で体をねじりながら渦を巻くように斬りかかる大技です。技名に入っている花は「桃」で花言葉は「天下無双」。「水の呼吸」の派生の呼吸法のため、「水の呼吸」のねじれ渦を彷彿とさせる技です。体をねじって発動しているため、技の威力も増しており、花の呼吸の中でもかなり攻撃力が高いのが特徴です。

使い手:栗花落カナヲ、胡蝶カナエ日輪刀の色:不明炭治郎の同期の鬼殺隊士である栗花落カナヲと、『蟲柱』である胡蝶しのぶの姉・胡蝶カナエが使用する呼吸。『水の呼吸』から派生した呼吸である。『花の呼吸』からさらに『蟲の呼吸』が派生している。連撃を放つ技が多いのが特徴である。技を放った際の刀の軌跡が花のように見える。技の美しさとは対照的に、高い身体能力が求められる。肺活量が重要となるため、呼吸法鍛錬は欠かせない。技は「ーの型」と呼称される。

終ノ型 彼岸朱眼はこれまでの「花の呼吸」と少し違います。何が違うかというとカナヲにしか使えない(今のところ)大技という点です。

「花の呼吸(はなのこきゅう)」とは、鬼殺隊士が用いる呼吸法。元花柱・胡蝶カナエ、栗花落カナヲなどが習得しています。炎、風、岩、雷、水の基本の5つの呼吸のなかで、水の呼吸の派生です。また、花の呼吸から、蟲柱・胡蝶しのぶが使う蟲の呼吸が派生しています。

水の呼吸から派生した呼吸法には、蛇の呼吸と花の呼吸、そして花の呼吸からさらに派生した呼吸法として、蟲の呼吸、があります。

華やかな剣技であるのとは裏腹に、高い身体能力が求められる呼吸法です。肺活量の訓練は必須で、花の呼吸の使い手である栗花落カナヲは、巨大で固いひょうたんに息を吹き込んで割るという特訓をこなしました。

花の呼吸の技はどれも花がモチーフになっているため、全体的に花蓮な印象を受けます。思わず敵が見惚れてしまうほど美しいなんて驚きです!

悲しすぎる戦いではありましたが、カナヲの扱う「花の呼吸」の魅力を知れたとともに、カナヲの成長を感じられた熱い戦いでした。今後もカナヲの成長と活躍に期待しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました