蛇柱伊黒小芭内いぐろおばない

未分類

蛇柱伊黒小芭内いぐろおばない

使用する呼吸:蛇の呼吸誕生日:9月15日年齢:21歳身長:162cm体重:53kg出身地:東京府 八丈島 八丈富士趣味:川柳、俳句、飴細工を作っているところをずっと眺める好きな物:とろろ昆布蛇の呼吸の使い手で、蛇柱。白と黒の縞模様の羽織を着て、口元には包帯を巻いている。肩には『鏑丸』という名の蛇を這わせている。左右の眼の色が異なっている。無惨との戦いで右眼は生まれつき弱視であり、ほとんど見えていないことが明らかになった。鏑丸は鬼の攻撃を読んで伊黒に伝える事ができる。その察知能力は高く、無惨の攻撃にも対応することが可能。口元に包帯を巻いているのは、鬼によって斬り裂かれた口を隠すためである。無惨との戦いで痣を発現させた。伊黒の痣は蛇のような形で、左腕に現れた。また、時透が赫刀を顕現させた時の状況から日輪刀を赫刀に変える条件を導き出し、赫刀を出すことに成功した。炭治郎が鬼となった禰豆子を連れていたことが議題となった柱合会議で初登場となった。風柱の不死川実弥が禰豆子を傷つけて、鬼としての本性を暴こうとする。炭治郎はそれを阻止しようとするが、伊黒はその炭治郎を力づくで押さえつけた。宇髄たちが上弦の陸である妓夫太郎と堕姫を倒した後で応援に駆けつけた。その際、宇髄に「陸ね。一番下だ、上弦の。陸とはいえ上弦を倒したわけだ。実にめでたいことだな。陸だがな。褒めてやってもいい。」とネチネチ嫌味を吐き、宇髄やその嫁から反感を買っている。恋柱である甘露寺に恋心を抱いているらしく、甘露寺が着用している靴下は伊黒がプレゼントしたものである。柱稽古の時には、甘露寺と炭治郎が文通していると知って、炭治郎にキツく当たった。異空間・無限城では甘露寺と一緒に行動し、上弦の肆である鳴女と遭遇し戦闘を行う。

今回は、そんなネチネチ兄さんこと蛇柱・伊黒小芭内 (いぐろおばない)がいかにかっこいいのか、そのかっこいい魅力の正体に心理学の観点から迫りたいと思います!

蛇柱である伊黒小芭内は甘露寺の事が嫉妬するほど好きで、文通をする間柄です。そんな甘露寺を庇うシーンでの名言です。

蛇柱である伊黒小芭内は、5つある基本の呼吸の一つである水の呼吸の派生で蛇の呼吸を使用します。伊黒小芭内の日輪刀もなかなか変わっており、グネグネとした刀となっており、鞘に入れるのがとても難しそうな形をしております。

伊黒小芭内(いぐろ おばない)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『蛇の呼吸』を使う蛇柱。蛇を連れたオッドアイの男。風柱・不死川実弥と同じく、鬼をひどく嫌っている。その為、最初は炭治郎の事を認めていなかった。

伊黒小芭内は、鬼殺隊最強の位である「柱」の中で「蛇柱」を担当しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました