鬼舞辻無惨の部下である十二鬼月の1人下弦の壱・魘夢

下から五番目の位である“下弦の弐”の称号を持つ

魘夢とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、下弦の壱に位している。『眠り鬼』と呼ばれている鬼で、人間を眠らせ、自在に夢を見せることができる。無惨に高い忠誠心を持っている。無限列車と同化し、乗客を喰らおうとしていた。

サイコロステーキ先輩とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼を狩ることを目的とする鬼殺隊の剣士。本名は不明。
那田蜘蛛山での戦いに登場し、幸運か実力か鬼がひしめく山林を踏破して“下弦の伍”累に挑むも一瞬で惨殺される。出番はこの時のみながら、“鬼を滅ぼす”という目的にストイックな人物が多い鬼殺隊の中にあって、「安全に出世して金が欲しい」と非常に俗物的な感覚で行動している。これが逆にファンの注目を集め、いわゆるネタキャラ的な人気を獲得していった。

佩狼とは、『鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝』に登場するキャラクターである。
人食いの怪物・鬼であり、その中でも別格で強力な集団“十二鬼月”の一員。下から五番目の位である“下弦の弐”の称号を持つ。超常の術を操り、常軌を逸した身体能力を誇る鬼でありながら、大量に隠し持った銃や爆弾を主な得物とし、さらに剣術も心得ている。
“炎のような色の髪”を持つ鬼狩りの剣士に殺されかけた過去を持ち、その雪辱と報復のため帝都に潜伏。討伐に来た煉獄をかつて自分を追い詰めた剣士だと認識し、激闘を繰り広げた。

無限城にて無惨が下弦の鬼を次々と粛清してゆく中、それを最後まで見届けた魘夢。無惨の粛清に恐怖を感じることなく、むしろ残虐な光景を見せた無惨に感謝の言葉を伝えるのです。

累とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、下弦の伍に位している。
炭治郎たちが初めて遭遇した十二鬼月の鬼であり、那多蜘蛛山で炭治郎たちと死闘を繰り広げた。家族の絆を追い求める鬼であり、他の鬼に擬似的な家族を演じさせていた。

無惨は下弦の伍・累が鬼殺隊に討伐されたことに激怒し、不甲斐ない下弦は解散すると宣言します。死に恐怖する鬼たちを無惨は自らの手で次々と葬っていきました。
自分の目の前で同胞が次々と殺され、最後に残された自分を今から殺そうとしている無惨の前で、魘夢は満足気な表情を浮かべました。魘夢の無惨への忠誠心と常軌を逸した性格がよく分かるセリフとなっています。
魘夢の深い忠誠心と残虐な性格を見染めた無惨は自分の血を与え、魘夢は更なる強さを手に入れたのでした。

鬼舞辻無惨の部下である十二鬼月の1人下弦の壱・魘夢。上弦に劣る下弦に位置しながらも、他の下弦の鬼とは一線を画すキャラクターです。劇場版『鬼滅の刃』ではメインキャラとして登場するなど、鬼の中でも異質な性格を持つ魘夢を徹底解説していきます!

CV:平川大輔下弦の壱の鬼。洋装で手の甲に口がついている。その能力ゆえ「眠り鬼」と呼ばれている。無惨に尋常でないほどの忠誠心を持つ。それ故、下弦の鬼が解体された時に魘夢だけが生き延びて、他の鬼は無惨によって殺された。人間の不幸な顔を見ることを好む。その為、いい夢を見せてその後に残酷な夢を見せる。「不幸に打ちひしがれて苦しんでもがいているのを眺めていると楽しい」と発言していることからもわかるように、性根が歪んでいる。

響凱とは『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の下弦の陸だったが、人間を喰う事が出来なくなって成長の限界を迎えた為に無惨からその地位を剥奪された。その後、十二鬼月に返り咲く為に『稀血』(人間50人にも相当する希少な血)を持つ人間を喰おうとしていた。

今回は、映画に登場する下弦の壱・魘夢(えんむ)を徹底解説していきたいと思います!

鬼滅の刃の映画「無限列車編」に登場する下弦の壱・魘夢(えんむ)のプロフィールはこちらです。

そこで下弦の六鬼を招集し、五体の鬼たちは鬼舞辻無惨に殺されました。最後に残った魘夢(えんむ)は、次々と無惨に殺される五体の鬼の中、最後の順番だった。鬼舞辻無惨は魘夢(えんむ)に尋ねた。無惨:「最後に言い残すことはないか?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました